※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

475 名前: じとさのしか書けない人  投稿日: 02/03/10 23:53 ID:lxAXXHIG
    ええい、待っているだけでは埒が開かん、自分で書けるものは書く!
    というわけで、今日のアニメを見て妄想したネタを書きます。H無しでスマソ。

    「佐野~、もう一杯、もう一杯だけ飯ついでくれ~」
    「だめですよ、摂取カロリー的にはとっくにオーバーなんですから。
    次藤さん、自分の健康管理も出来ないんですか?」
    「そんなこと言うたって……今日は妙に白飯が進むとタイ。」
    「昔蒲生監督にデ○って言われたこと忘れたんですか?あ~もう、そんな
    捨てられた子犬のような目はちっとも似合ってませんよ!」
    その瞬間、佐野は腕を捕まれて次藤のもとに引き寄せられた。頬に唇の
    感触が伝わる。
    「このとおりタイ。明日からはちゃんとダイエットするから……」
    「あーもーわかりました!でも、あと一杯だけですからね!」
    ドンブリのように大きい次藤の茶碗に軽めにご飯をよそいながら、佐野は
    心の中でつぶやいた。
    (もう二度とキムチなんか漬けるもんか!)