※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

637 名前: 風と木の名無しさん  投稿日: 02/03/24 23:50 ID:R1zplA+A
    おそらくは誰ものぞんでないかも、の源シュナいきます・・・。

    あたりには夕闇がせまっていた。
    ドイツ・ハンブルグのサッカー場。ここで、毎日若林源三とカール・ハインツ・シュナイダーは
    正規の練習の後も、二人で特訓を行っていた。
    もう、始めてどれくらいになるだろうか・・・。

    はじめてシュナイダーに会った日の衝撃を若林はいまだに忘れることができない。
    その右足から繰り出される炎のシュート。誰よりも、ひときわ明るく輝く金色の髪。めったに感情を表すことのない美しい青い瞳。
    その瞳が、彼の激情をうつして燃え上がるのは、そう、キーパーとして若林がピッチに立ち、
    シュナイダーがストライカーとして自分に向かってくる時だ。
    そのときの身のうちが震え上がるような感触。
    最初はそれだけだった。シュナイダーは若林にとってよきチームメイトであり、またよき
    ライバルだったのだ。

    だが、いつのころからか、気がつくと、若林は常にシュナイダーの姿を目で追うようになっていた。
    シュナイダーあての、ファンの女の子からのプレゼントを見ると、無性にいらいらした。
    ハードな練習の後、シュナイダーがそばで息をきらしている、その息づかいを聞いただけで、
    異様な感覚におそわれた。
    そして、若林は気づいた。自分がシュナイダーに対して特別な感情を抱いているということを。

640 名前: 源シュナ2  投稿日: 02/03/25 00:10 ID:ojJrIWBm
    若林は、今日、ある決意をもってこの特訓にのぞんでいた。

    シュナイダーを手に入れたい。そのすべてを。
    だが、それは不可能なことなのだ。彼が自分を受け入れる。自分を愛し、その心をわたしてくれる。
    それは、ありえない。永遠に。ならば、どうするか。
    答えはひとつしかない。
    もう決めたことなのだ。

    いつの間にかすっかり日は落ち、変わりにさえざえとした月の光が差し始めていた。
    「よし、そろそろあがろう、若林。・・・今日はいつも以上に気合が入ってるな。」
    シュナイダーが微笑する。
    「・・・ああ・・・。」
    若林はシュナイダーから目をそらしながら言う。
    「ドリンク、持ってきたんだ。のどかわいたろう?飲もうぜ。」
    スポーツドリンクをバッグから取り出しシュナイダーにわたす。
    もちろん、シュナイダーは知らない。その中に、即効性の睡眠薬が含まれているということを。

    効き目ははやかった。
    「あ・・・。」
    シュナイダーは手を額にやったかと思うと、その場にひざをつき、そして直後、くずれおちた。
    その寸前、若林のほうを見た瞳が問いかけていた。
    ・・どういうことだ・・・?
    若林はむろん、答えるはずもなかった。

    意識を失ったシュナイダーの両手を、ロープで後ろ手に縛り上げる。
    我知らずのうちに息が荒がってくる。

743 名前: 源シュナ3  投稿日: 02/04/02 17:17 ID:WQG9u1mx
  
    後ろ手に縛り上げられたシュナイダーの姿を見つめる。
    その時・・・。
    シュナイダーが目をふっと開いた。若林の飲ませた薬は効き目は速いが、そのぶん薄れるのも速いものだった。
    しかし、これは若林にも十分わかっていたことだ。意識を失ったシュナイダーを抱く気など、はなからない。
    シュナイダーがはっと身を起こすのと、若林が彼の上におおいかぶさるのが同時だった。
    危険を感じたシュナイダーはとっさに右足を若林めがけて振り上げる。
    しかし・・・まだ薬の効果はきれてはいなかった。通常のような力が入らない。若林はなんなく右足を受け止めると、シュナイダーの上着のファスナーを下ろした。
    シュナイダーは目を見開く。
    「なっ・・」
    さらに若林は無言でシュナイダーを上向かせると、口付けた。
    「・・・んっ・・」
    シュナイダーにも若林の意図するところが正確にわかり始めていた。
    顔を背けようとするシュナイダーの顔を両手で押さえ、無理やり舌を挿入する。・・・が・・
    「・・・・!」
    若林は顔をはなした。その唇から血がしたたる。シュナイダーが噛み付いたのだ。
    静まり返ったフィールドに二人の息づかいだけが響く。


744 名前: 源シュナ3 投稿日: 02/04/02 17:25 ID:7nenUfub
    若林はジャージのそでで血をぬぐうと、シュナイダーのユニフォームの襟元をつかんだ。
    そのまま力をこめてひきさく。服が破かれると、シュナイダーの白いなめらかな肌があらわになった。
    月の光に照らされたその姿に、若林は見入った。
    (どれだけ・・・)
    どれだけ焦がれたことだろう。
    もう我慢できない。許すつもりはない。
    次の瞬間、若林はその首筋にむしゃぶりついていた。
    「・・な・・にを・・!・・あっ」
    かぐわしい香りが若林の全身を貫いた。