※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

810 名前: 787 小次イソギン…?  投稿日: 02/04/07 21:37 ID:UKJzQEo9
    「よくやった、小次郎」
    「監督…」
    「今夜は祝酒じゃ。明日の早朝、東京へ戻れ。しっかり猛虎復活を見せつけてやるんじゃ」
    「はいっ!」
    シャワー代わりに水でざっと体を洗い、汚れてしまった下着も取り換えた。
    小屋に上がると、すでに呑みはじめている監督と向かい合う形で、板張りの床に腰を下ろした。
    「ホレ、沖縄の酒じゃ」
    徳利を差し出され、湯飲み茶碗でそれを受ける。
    「日本一のストライカー、日向小次郎に乾杯」
    監督はそう言うと、ニヤッと笑った。
    俺は一気に酒をあおった。
    あのことに触れられたくなかった俺は、もっぱら監督の現状を尋ねたり、
    海外へ進出した奴等のことを話題にしながら、すすめられるまま酒を呑んでいた。


811 名前: 787 小次イソギン…? 投稿日: 02/04/07 21:38 ID:UKJzQEo9
    気がついたときには、ずいぶん呑んでいたらしく、顔が熱い。
    顔だけではない。体全体が熱を帯びたように熱く、心臓の音がやけに大きく聞こえる。
    なにより、ソコが起ち上がってきているのだ。下着に閉じ込められてむず痒いような、泣きたいような…。
    「おおそうじゃ、いいツマミがあったんじゃ」
    そういって監督が部屋を出ていったのを見届けると、もう我慢ができない。そっと擦りあげた。
    「…っ」
    ジャージの上からさわっただけで、声をあげるのを我慢できないくらい、感じた。
    沖縄に来てからは、そんな余裕はなかったから、いったい何日ぶりだろう。
    頭ではサッカーのことを考えていても、体は欲しがっていたのか。
    (さ、酒のせいなんだ、これは…。あっ…、はあっ、は…っ!)
    もう少しでイク―というところで、
    「何してるんじゃ、小次郎」
    声の主を振り返るまでもない。吉良監督だった。


812 名前: 787 小次イソギン…? 投稿日: 02/04/07 21:38 ID:UKJzQEo9
    「どうした?続けてもいいんじゃよ?」
    寸前のところで手が止まってしまい、体の疼きはおさまらないが、さすがにできない。
    「…と、言いたいところだが、丁度いい。おまえにピッタリなツマミじゃ」
    どんっと監督が床に置いた「ツマミ」―、ひとかかえもありそうな石に、
    海藻やら貝やら得体の知れないものがびっしりと付着している。
    ぬらぬらと濡れているところを見ると、たった今海から引き上げたのか。
    「小次郎、脱げ。全部脱げ」
    「ど、どういうことです…!?」
    目の前の石と俺が脱ぐことと、何か関係あるのか聞こうとしたが、
    声が上ずってしまいうまく喋れないし、確かに、さっきから熱くてたまらないのだ。
    「おまえを『男』にしてやる。これが終わって、はじめておまえは雄虎になれるのじゃ」
    …もう、自分が『女』でも『男』でもどっちでもいい。
    はやくこの熱さから解放されたかった俺は、身に付けていたものを全部はぎ取った。


813 名前: 787 小次イソギン…? 投稿日: 02/04/07 21:40 ID:UKJzQEo9
    「なかなか立派なモノを持っとるな、小次郎。そんなに張って、つらそうじゃ」
    監督はそう言うと、手を伸ばしてきて擦りだした。
    「ああっ…!!」
    俺はそのまま立っていられず、監督にしがみつくように崩れ落ちた。
    上手いのだ、ものすごく。
    全体を程よい力で握り込みながら、裏筋だけにあたるよう指を添え、
    激しく、時には優しく、緩急つけて擦る。
    「はっ、あっ、んん、んっ」
    「どうじゃ、小次郎。若島津よりもいいじゃろう?」
    きゅっと根元を締めながら、監督は楽しそうに言った。
    「あの酒は濃いハブ酒でな、強い精力剤なんじゃよ。…そろそろいいころか。行くぞ、小次郎」
    俺を握ったまま体制を変えさせ、あの石をまたぐように手を付いた。潮臭い。
    そして、ソレは監督の手を離れ、ぬめるものが―。
    「えぎゃあ~~~!!!」
    気、が、狂う…っ!


814 名前: 787 小次イソギン…? 投稿日: 02/04/07 21:41 ID:UKJzQEo9
    「沖縄には巨大なイソギンチャクがいてな、これが実にいい具合なんじゃよ。
    『男』だったらしっかり腰を使え。この石を砕く気持ちで腰を打ち付けてみろ。…聞いちゃいねえか」
    そう、俺は夢中だった。夢中で腰を使った。
    若島津や監督の手とは比べ物ならない、この締まり具合。
    ただ締めつけられるだけじゃなく、小さなたくさんの口で吸われてるようだ。
    その口が小さな突起になっていて、引き抜くときも、押し入るときも、
    嬌声ってもんじゃない、大きな悲鳴をあげさせるほどの快感が襲う。
    「おおっ、おおっ、おおーっ!」
    完全に石の上に体重をかけ、もっと、もっとと、自然と体が動く。
    石にこすれどこかを擦りむいたようだが、構っちゃられない。
    「そうじゃ、他人に与えられるんではない、自分で奪い取るんじゃ。
    昔のおまえはそういう奴じゃった。思い出せ、小次郎!」
    ラストスパートがかかってる。監督の言葉は耳に入らない。
    「…おおおうっ!!…っ、あ~……っ!」
    思いっきり突き上げ、逆流しそうな量の熱い精を放った。

    それは、まだ締めつけてくる。腰が自然と動き出す。
    「あああっ!」
    俺はこいつを手放したくなかった。
    一晩中、俺はイソギンチャクとセックスしていた。
    『男』として―。