※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

722 名前: 風と木の名無しさん  投稿日: 02/08/23 13:13 ID:0p07D9Xw
    新刊読んで、「カルツ攻めシュナ受け」がうかんでしまったわたしは
    変でしょうか……
    それもけっこう鬼畜系のやつ。書いてみようかなー

    カルツに蹴り倒され、下半身を剥かれたシュナイダーは、
    ゴールポストにすがりつくような体制で縛られている。白い尻には--
    「シュナイダー、おまえはB-ミュンヘンに行って変わってしまったが、
    儂だって昔のままじゃない。今じゃ、こんなことだって平気でやれるんだ」
    「ぐっ…はっあぁっ!!やめろ、カルツ…っ!」
    「聞こえないなあ。もっと大声だせよ、源さんあたりが助けに来てくれるかもしれないぜ。
    この格好見たら、どんな顔するか楽しみだなあっ」
    カルツは、シュナイダーに突き立てたコーナーフラッグを、更に奥へと力をこめた。
    一筋の鮮血が内腿を伝う。
    シュナイダーは強く唇を噛み、その痛みに耐えていた。
    「…何だ?シュナイダー、おまえ、腰動かしてるのか?
    ゴールポストに股間をこすりつけてよがってるのかよ」
    「ば、馬鹿なことを…」
    太さはないとはいえ、金属製のポールを突き立てられた痛みにたえていたシュナイダーは、
    自分でも言われるまで気がつかなかったのだが、本能的に別のことに意識を飛ばし痛みを忘れようとしていたのだ。
    半立ちになったモノが、カルツの言葉を証明している。
    「ほーう、じゃあこんなの突っ込まれてケツでよがってるのか。さすが皇帝だな。常人とは違う」
    わざと呆れたような口調で言うカルツは、くわえていたようじで広がった穴の周りをつつき出した。
    「いい眺めだな、シュナイダー。ピクピク動いてるぜ。もうイったほうがいいんじゃないか?」
    「やめろ、手をはなせ…!!」

725 名前: 722  投稿日: 02/08/23 21:20 ID:1btgy6Yt
    続きです。ウザかったら読み飛ばしてくだされ…

    「そうそう、記念に写真を撮ってやるよ。…久しぶりに3人で撮りたかったけどな」
    カルツはどこからかカメラを取りだし、シュナイダーの背後に回った。
    「ほれ、チーズ…っと!」
    掛け声とともにコーナーフラッグを蹴り上げる。
    「っぎゃあっっ!!」
    内臓を突き破るほどの痛みに加え、股間がゴールポストに打ち付けられ、シュナイダーは絶叫し意識を失った。



726 名前: 722 投稿日: 02/08/23 21:21 ID:1btgy6Yt
    「あ、源さんか?おもしろいものみせてやるからスタジアムにこないか?…え、何かって?へっへっへ、そいつは見てのお楽しみだ。待ってるよ」
    携帯を切り、新しい楊枝をくわえたカルツは、自分の中のサディスティックな衝動を抑えきれなかった。
    もっと、もっとシュナイダーを壊してやる。
    「…たまにはGKをやってみるのもいいかもしれんぞ」
    シュナイダーはまだ意識が戻らず、ネットに絡まったままポストにもたれ掛かっている。
    カルツは一度ロッカーに戻り、ボールの入った篭を引っぱり出してきた。
    「PK戦と行こうや。儂のシュートを取れたら交代。ま、両手両足使えないけどな」
    適当にボールを転がし、シュートを放つ。
    鈍い音を立て、シュナイダーの背中に当たった。
    「ちぇっ、外しちまったか」
    カルツは続けざまにシュートをぶつけていった。


727 名前: 722 投稿日: 02/08/23 21:21 ID:1btgy6Yt
    「そろそろ本気出すか」
    楊枝を吐き捨てると、少し長めに助走を取り、回転をかけたシュートを渾身の力を込めて打った。
    そのシュートはシュナイダーの後頭部を直撃し、顔面をポストに打ち付けた鈍い音をさせながら、見事にネットにのみこまれた。
    「このシュートが試合中に出ればなあ…。シュナイダーの自殺点ってことになったのに」
    何本もシュートをぶつけられたせいで、むき出しになった下半身は青痣だらけになり、普段なびかせている金髪は血でべっとりとはり付いている。
    かわりに、シュナイダーに刺さったままのコーナーフラッグが、パタパタと風になびいていた。
    「やっぱりサッカーは楽しいなあ、シュナイダー」
    カルツは鼻をすすると、涙でぼやけたシュナイダーに向かって、再びシュートを放った。



728 名前: 722 投稿日: 02/08/23 21:27 ID:1btgy6Yt
    ~次回予告(?)~
    スタジアムで若林が見たものは…!?
    そしてシュナイダーの生死は!?

745 名前: 風と木の名無しさん  投稿日: 02/08/24 23:53 ID:GEDy+iCz
    いっそのことギャグにしてしまえ~とギャグにしてしまいましたー!
    えへへ

    「カルツの奴、人を呼んでおいてどこにもいないじゃないか。…ん?」
    ゴールポストに、誰かがへばりついている。
    「一体、誰が何してるんだ?」
    トモダチを奪われ、少々おもしろくない気分で若林はゴール前に向かった。
    「! シュ、シュナイダー!!」
    痣だらけ血だらけでぐったりしているのは、先ほどまで試合をしていたシュナイダーだった。
    「ひどい怪我だ…。どういう練習をしてるんだ、まったく」
    おまけに、尻にはコーナーフラッグが刺さっている。
    コーナーキックの練習でもしてたのかと首をかしげながらもポールを抜いてやり、ネットに絡まったシュナイダーをほどくと、頬をペシペシと叩いた。
    「しっかりしろ、シュナイダー!」
    「……ん…」
    「俺だ、わかるか?」


746 名前: 722 投稿日: 02/08/24 23:54 ID:GEDy+iCz
    「…若林…か…?なぜここに…」
    「カルツに呼ばれてな。カルツと一緒だっ」
    「その名前を言うなっ!!!!」
    シュナイダーの蹴りが若林のみぞおちに入る。
    「…げふっ!」
    シュナイダーは青筋を立ててカルツの姿を探したが、どこにも見当たらない。さすが仕事師カルツ、逃げ足だけは速いようだ。
    「チッ」
    「…恩人に対してずいぶんじゃねえか、シュナイダー!」
    舌打ちするシュナイダーにむかって、腹を押さえながら若林が吼える。
    「フ●チンでさっさとバイエルンに帰れ!」
    「え?」
    フル●ンだと?若林、そういえばお前は昔から下品だったよな…と思いながら、ふと自分の下半身に目をやったシュナイダーは、確かに●ルチンなのを認識した。
    「ま、待て、若林!」
    背中をむけて歩き出した若林を必死になって呼び止めた。