※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

737 名前: 風と木の名無しさん  投稿日: 02/08/24 10:26 ID:FNiGZ+7B
    体育用具倉庫の片隅、浦辺反次は埃まみれのマットの上に寝転がったまま、
    岸田猛の肩を抱いた。
    「さっきはいきなりあんなことして、悪かった」
    「いや、俺もびっくりして暴れたけど……」
    岸田は乱れたシャツを胸元でかき寄せながら、瞼を閉じた。
    倉庫の外では何も知らないチームメイト達が、練習に励む声がする。
    性急な行為。自分の衝動が押さえきれなかった浦辺は、心地よい疲労感と
    後悔の淵に沈みながら、岸田の長い前髪を梳いた。
    「反次って、呼んでもいい?」
    「ああ……俺も、猛って呼ぶからよ」
    「部活んときは普通で」
    「ったりめえだろが」
    「そろそろ戻ろう。皆にサボりとか思われたら、シャクだ」
    岸田はマットの上に起きあがり、身支度を整える。
    その背中に、つい先刻までの痴態をなぞらせてしまい、浦辺は頬が熱くなるのを感じた。
    「一緒にいったらやべえかな」
    「じゃ、反次先に行きな。俺、先生に捕まって手伝いしてたとかいうから」
    さらりと名前で呼ばれ、また浦辺は顔を火照らせる。バタバタ慌ただしく服を着る。
    「そん、そんじゃ。あの、あの、猛」
    浦辺は喉に詰まった言葉を押し出すべく、咳払いをした。
    「いいかげんな気持ちで、あんな事したんじゃねえから。ずっと好きだった」
    岸田はクスリと笑い、浦辺の眉間の傷に軽く口づける。
    「知ってた」
    「なんだ……そうならそうと、とっとと言え!」
    照れて支離滅裂な事を口走りながら、浦辺は体育倉庫を後にする。
    一度だけ扉の手前で振り返った。
    高い位置にある小さな窓から日光が差し込んできていて、岸田の艶やかな髪を照らす。
    (……綺麗だよ、猛)
    荒っぽい仕草で岸田に手を振り、浦辺は外に出た。
    そして恋の余韻を振り切るように大きく伸びをして、グラウンドに走り出した。