※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ


府釜駅の改札を一人の女が通り過ぎる。
切れ長の目に、染め上げた金色の髪。その風貌は、どこか近寄りがたい印象を与える。

「ふむ」

女は辺りを見回し、何が面白いのか鼻で笑い歩き出した。
目的地は駅からそう遠くないはずだ。”変わっていなければ”。




txt:Y256

書き下ろし
掲載日:08.08.18
更新日:10.04.14