※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新行

新行
韓国語 신행
シネン
漢字表記 新行
分類 行事
新行(シネン) とは、婚礼後、新郎が新婦を連れて新婦の実家に里帰りすること。

韓国の伝統婚礼では、新郎は新婦の実家へ行って結婚式を挙げ(親迎=친영)、その後は新婦の実家で数日間(3日間)過ごしてから、新婦を自分の実家に連れて来る。
そして、新婦が嫁ぎ先の家に入り、挨拶をする儀式を「幣帛(폐백=ペベク)」と言う。
この「幣帛」を「新行」と言うこともあるらしい。

シンチェギョンの場合は国婚であるため、結婚式は新婦の実家に見立てた離宮で行われ、新婦は結婚後すぐに嫁ぎ先である宮家に入った。
なので、改めて新郎が新婦の実家を訪問し、そこで数日間過ごすことを、「新行」という儀式の形で行っている。

※ちなみに、朝鮮王朝時代の儀式として、この「新行」が行われていたのかは分りませんでした。


登場

  • 第7話
2泊3日の新行が行われ、シンチェギョン実家で過ごした。