※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

温陽の御用邸

温陽の御用邸
韓国語
分類 建物
温陽(オニャン)の御用邸 とは、体調を崩した皇帝が、静養のために行った所。

皇帝は、引退後も温陽の御用邸で皇后と暮らしている。

温陽(온양=オニャン)は、忠清南道(チュンチョンナムド)牙山市(アサン シ)にあり、韓国でもっとも古い温泉がある。
温陽温泉(オニャン オンチョン)は李氏朝鮮時代の歴代の王が保養や治療のために訪れたといわれる由緒ある療養地である。


登場

  • 第12話
公式会見で倒れた皇帝は、暫く公務を休んで静養することにする、