※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

慈慶殿

慈慶殿
韓国語
チャギョンジョン
漢字表記 慈慶殿
分類
慈慶殿(チャギョンジョン) とは、景福宮の後廷にある建物。
王の母親である皇太后の寝殿。

興宣大院君(フンソン デウォングン)が李朝第24代国王憲宗(ホンジョン)の母親神貞王后(シンジョン ワンフ)のために建てた。
十長生煙突(シプチャンセン クルットッ)と花塀が有名で、朝鮮時代に作られた最も美しい煙突として数えられる。

ちなみに十長生とは韓国の伝統模様で、日、月、山、水、石、 不老草、松、鶴、亀、鹿、などの幸福や長生きを象徴する十種類の文様を組み合わせた吉祥図。

「宮」でも皇太后 パクが暮らす建物として登場する。
オープニングの舞台としても使用されている。


Trivia

皇太后の部屋はもちろんセット。
その部屋の壁紙は特注品で、伝統的な絵柄を元に、出来るだけ淡い色合いに印刷してもらったらしい。