Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戸田「ただいまーっ。…あれ、みんなどうしたんだよ、深刻な顔して…」
松岡「実は、今みんなでどうしたら戸田がもっと目立つようになるか、相談してたところなんだよ。」
戸田「ええ!?人の留守中にみんなでそんな事話し合ってたのかー!?や、やめてくれよ…」
野沢「それで、戸田兄にはもっとキャラ付けが必要だって結論になったんだ。」
戸田「キャラ付けってなんだよ。」
野沢「例えばさあ、松兄には地獄流しとか鉄パイプとか、高兄にはごはんですよとか自転車とかあるだろ。
   僕は一家のマスコットだしさ。で、戸田兄にも何か戸田兄イコールこれだ!みたいな何かがあると
   もっと存在が映えると思うんだよ。」
戸田「な、なるほど…」
松岡「それで、今の所出たアイディアが、えーとなんだっけ。」
高山「あれですよ、プレイボーイ路線。」
松岡「ああ、そうだった。歴代唯一ダブルヒロインで両手に花だからね、戸田は。
   二人のヒロインからモテまくるプレイボーイってキャラ路線はどうかなって話になったんだけど…」
野沢「でも、改めて眺めるとプレイボーイって顔じゃあないな。」
松岡「そうだねえ。」
戸田「えー!?やめろってば、みんなでジロジロ見るなって…」
松岡「ちょっとキリッとした顔してみてよ。」
戸田「こ、こうか…?」 キリッ
高山「やっぱりこの路線はボツですね。」
戸田「こらーっ、サラッと酷い事言うなよ!僕だって僕なりにハンサムだって!!」

野沢「あ、僕考えついた!前に、戸田兄は歴代一ヒーロー然とした鬼太郎だとか言われてたじゃないか。
   もっとヒーロー路線を極めたらいいんじゃないかな。」
戸田「へえ、どうやるんだ。」
松岡「ヒーローといえばまずは…マントかな?」
高山「え、形から入るんですか?じゃあ戸田、この茶色い風呂敷首に巻いてみて。」
松岡「服の色ももっとこう、ヒーローっぽい明るい色にしたほうがいいよね。」
野沢「だったら赤がいいんじゃないかい、ナガサレレッドだけにさあ。」
高山「なら、この赤い全身タイツ着てみて。」
松岡「なんかベルトみたいなものがあったほうが締まるんじゃないかい。」
野沢「胸にロゴっぽいものが付いてたほうがヒーローっぽいよね。」
松岡「デザインはこんなでいいかな。へのへの…も…へ…じ。はい。」
野沢「おーっ、大分それらしくなってきたぞーっ!」
戸田「そ、そうかなーっ?」
松岡「ちょっとポーズとってみてよ。」
戸田「こ、こうかー!?」
高山「あっ…?…待てよ、待て待て…これは良くない気がする…ダメですよこの路線は…」
野沢「えっ、どうして?」
高山「なにか著作権的なものに引っ掛かるような気が…ボツにしましょう。」
野沢「ボツだって、戸田兄。」
松岡「脱いでいいよ。」
戸田「色々着せておいてなんなんだよー!!」

高山「そもそも外見は大して重要じゃないでしょう、文章的に映えればいいんですから。」
松岡「なら、文面で出せる個性を考えようか。」
野沢「あ、僕また考えついた!何か口癖とかあるといいんじゃないかい。」
松岡「口癖か…どんなのがいいかな。あっ、閃いた。『何故にWhy?』とかどうかな?」
戸田「なんだよそれー!?」
野沢「おーっ、なんかカッコいいな。」
高山「じゃあこれから戸田は、疑問を表す時には『何故にWhy?』を使う事。」
戸田「えー!?何故にWhy!?」
松岡「そうそう。」
高山「巧い巧い。」
戸田「えっ、今のは違う、違うぞ!使ったわけじゃなくて!どうして何故にWhy!?」
野沢「あ、口癖が進化した。」
松岡「気に入ってもらえて何よりだよ。」
戸田「いやっ違うよ、違うってばー!使ったわけじゃなくて!!厄介だなーもう!!」

高山「でも、それだけだといまいちまだインパクトが足りないな…もう一つ何かほしいね。」
野沢「あ、だったら語尾に何かつけたらどうかな?」
松岡「語尾にって、『おじゃる』とか『たもれ』とか?」
戸田「えーっ、どうして平安時代!?」
高山「個性が出るように、今までにはなかった語尾がいいんじゃないですか。」
野沢「じゃあ、戸田兄は語尾に『さんき』ってつける事。」
松岡「なるほど、わかりやすくて良さそうだよんき。」
野沢「これだけ個性的な語尾はちょっと無いんじゃないかいっきにき。」
高山「えー、それだと僕だけ台所に出る黒い悪魔みたいでなんかイヤだなーごき。」
戸田「全員でやるのかよ!!」
松岡「折角だから、ほしのには『まんが』、松本には『げーむ』って語尾につけてもらおうよんき。」
野沢「なら、ウエンツは『じっしゃ』にするのかいっきにき。」
高山「ウエンツさんは『モサ』の方がいいんじゃないですかごき。」
戸田「いいから、語尾はいいから!!読みにくいし!!」

高山「やっぱり結局は、もっと内面的なことで個性があった方が良いんじゃないかな。」
野沢「そういえば前に、戸田兄の有難味はツッコミ要員としての有難味だって言ってたよね。」
松岡「ダイナミックにツッコめる用に、ハリセンでも携帯してみたらどうだい。」
野沢「でも僕思うんだけどさあ…ツッコミ回数って全体的に見たら絶対高兄の方が多いよね。」
高山「えー、そうかな?」
野沢「うん。そうだ、まとめうぃきの中の人にツッコミ回数カウンター作ってもらおうよ。」
高山「わっ、そんな事言ったら本当に作っちゃうかも知れないだろ、ここのまとめの人献身的だから…
   作らなくていいですよ、そんな不毛な物!」
松岡「ハリセン作ったよ。」
高山「あああ!何時の間にか作ってる!」
松岡「はい、これでちょっとツッコんでみて。」
戸田「よしっ、じゃあ…えーい、僕の役目を取るなこの桃山桃太郎!」 バシ
高山「いたあ!!ていうかそれツッコミじゃなくてただの八つ当たりだろ!!」
戸田「まだ言うか!!」 バシ
高山「いっ、痛い痛い!ええ、なにこのハリセン!?何か鉄骨っぽいもの入ってる固さ…鉄扇!?」
戸田「月の無い夜は背後に気をつけろ!!」 バシ
高山「痛いってばーー!!」

後日

ほしの「あ、トミーこんにちは!僕これから人間の町まで買い物に行くんですけど一緒にってええ!?
   なんですかその全身タイツ…」
戸田「赤は良くないから代わりに市松模様にしろって松岡兄が…さんき」
ほしの「え、なんの事ですか…?模様以前に、どうして全身タイツなんですか。」
戸田「ヒーローっぽいカッコしろってみんなに言われてさんき。」
ほしの「あ、そうなんですか、へー…なんか良くわからないけど、いいんじゃないですか…?」
戸田「…ホントにそう思うのかさんき。」
ほしの「えっ…ええ…ははは…」
戸田「えーい、早く語尾にツッコまんかいさんき!」 バシ
ほしの「いっ、痛!今時ハリセン!?あいたた…もう、今日のトミーは変ですよ。カッコからして変ですよ。
   僕一人で行きますからいいです、さよなら。」
戸田「何故にWhy!?待ってくれほしのー!さんき」
ほしの「わっ、ついてこないで下さいよーっ!」



戸田「…ほしのにダッシュで逃げられた…友達なくしたかもしれない…」
野沢「まあ元気出せよ。」
松岡「やっぱり、自然体が一番ってことだね。」
高山「下手なキャラ付けは不幸しか生まないって教訓ですね。」
野沢「うん、今のままの戸田兄が一番だよ。これからも、ありのままの戸田兄でいてくれよ。」
松岡「良い事言うね。」
高山「あはは…」

戸田「おおおい!!何いい話っぽくまとめようとしてるんだー!!くそーっ、もうやってられないよー!!」



結論 ポジション的には、多分一番常識人…