※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「君も全勝か」

最終5回戦の対戦組み合わせが発表され席についていたミキオに、かけられる声。
隣の席…卓の一番端の椅子が引かれ、声の主が腰を下ろす。

「ん、あぁ。ハタドーか」

相変わらずのサングラスに、ストライプが入ったの深緑のシャツ。ミスター・ハタドーだ。
彼もまた、4回戦まで全勝。

「調子がいいと見える。是非手合わせしたかったが」
「今度な。オレの相手は…」

対戦組み合わせ表で確認した相手の名前に、見覚えは無かった。
むしろ同じブロックの全勝者の中で、ミキオが知っているのはハタドーくらいのものだ。
だが、誰だろうが負けてやる気は無い!とミキオは意気込む。

「フン…最終戦でMFデッキとはな」

向かい側からの声に、見上げるミキオとハタドー。
一番最初に目に入ったのは、『常勝』と書かれた鉢巻だった。


第41(47)話 幸運を呼ぶ存在



短く切りそろえた黒髪に巻かれた『常勝』の鉢巻。
黒系統でそろえた服装に白い鉢巻だけが浮いており、少々異質な印象を受ける。
彼の名前は、的場常冶(マトバ ジョージ)。

「なんだ。知り合いか」

ミキオのことをMFデッキだと断言した常冶を見やり、ハタドーは「ふむ」と自分の卓に視線を戻した。
当のミキオは小さく首を振り、常冶の顔をまじまじと見る。
自分と同じか、ひとつ上の年齢か…見覚えは、ねぇな。と首をかしげた。

「3回戦で偶然お前の対戦を見た。4回戦では隣の卓で戦っていた」

説明口調でそう続ける常冶に、ミキオはそうだったのかと少し感心する。
毎回自分の対戦で手一杯だった彼は、周りで誰が対戦していたかなど記憶に残っていない。

「勝率的に戦う可能性はあったが…ここでか。俺は幸運だ」
「幸運だと?」
「もちろん。現環境に”向きじゃない”デッキから楽に勝ちを取れて、な」

そう言って笑い、常冶は席に着く。
目線が並び、ミキオも言い返そうと口を開く。

「ミキオだって幸運だよっ!だって、ウチがついてるもん!」
「おまっ…」

ミキオの言葉を遮るように、うしろで声がする。もちろんナツキの声だ。
ハタドーもサングラス越しに確認し、ニヤリとする。

「どこ行ってたんだよ?」
「うん、ちょっとね」

ナツキは会場の外のほうに視線を移す。
その過程で、隣に座るハタドーに気付いたのかベッと舌を出す。

「もう5回戦の組み合わせ発表されてんだから席に行けよ」
「うん。でもホラ、”対戦前恒例の”チューしてあげる☆」
「何の話だ!」

いーから行けよ、と片手で追い払うミキオ。
そこでナツキはミキオの対戦相手を見て、「あー、さっきの鉢巻」と口走る。

「知ってるのか?」
「うん、谷本のおっさんが瞬殺されたって」

と彼女は言い、手をかざしてミキオの耳に口を近づける。
彼は慌てて避けそうになるが、ナツキの顔を見て止める。

「黒紫のラジエル、だよ」

とだけ耳打ちすると、ナツキは駆けて行った。
耳打ちするほどの内容なのかとミキオは思案するも、すぐに注意は対戦に戻る。

ほどなくして、司会が威勢の良い声で時間を告げた。

「最終ゥ!5回戦ッ!…ガンダムウォー、レディィイ、ゴーッ!!」

お互い手を上げ、始まるゲーム。
先攻はミキオ。マリガンチェックはお互いなし。
1ターン目が円滑に幕を開けた。

「ギンガナム軍に続いて、今日始めて手札に来た…カプル(コレン機)!」
「フン…それが引けないのに、よくここまで勝ち上がったな」
「うっせぇよ、っと。戦闘フェイズに特殊兵装を宣言…確認した。ターンエンドだ」

返しのターン、常冶が配備したGカードは…紫基本G。
先刻ナツキから黒紫デッキであることを聞かされただけに、ミキオにも余裕がある。
常冶がターンを終える。

「オレのターン!2枚目のGカードとディアナ帰還を配備。カプルを攻撃に出撃させるぜ!」
「3ダメージ通しだ」

「ターンエンド」と続けるミキオに、常冶は頷き、カードを手札に加えた。

「残された者の決意をヴァリアブルで展開。ターン終了だ」
「いや。帰還ステップあたりに、ディアナ帰還を1回使うぜ」

ミキオは2枚だけの捨て山をつかみ、上1枚はジャンクヤードに、下の1枚は本国の上に移る。
落ちたカードは明鏡止水だった。

「このカードを、ドロー」

兵装で見て、ディアナ帰還で本国の上に回収。
上手くかみ合った動きから、彼が引いたカードは…。

「Gカードを配備した後、ACEカードのゴッドガンダム&ドモンを配備」

カプルを攻撃に出撃させ攻撃を通した後、ターンを終えるミキオ。
常冶はフンと鼻を鳴らし、カードを引いた。

「不平分子をヴァリアブル展開し、3国力。ハナヨを紫基本Gにセット」

ハナヨ…本国の上のカード2枚と手札2枚を入れ替えることが出来るテキストと、セットカードがセットされ自軍ユニットをリロールすることが出来るテキストを備えたキャラクターだ。
カードを入れ替えるテキストを起動する常冶。
入れ替えたことからも、手札が濃くなったのは明確か。とミキオは自分の手札を見る。
カプルがいる限り瞬殺されることは無いだろうが、このデッキは展開が早いと聞いている。

「ガンダムラジエルを配備」
「了解…」
「と、最後の照準」

ん?とミキオは出された紫色のオペレーションカードを見やる。
ジャンクヤードのカードを1枚取り除くごとに、ユニットに1ダメージを与えるオペレーション。
回復するたびにジャンクヤードのカードが増えるディアナ帰還は相性が悪い。
それに…ミキオの、いや茶単色というデッキは、一度出されたオペレーションカードに触ることが――7勢力中最も――苦手なのだ。

「戦闘フェイズに入る」
「っ…あぁ」
「まずは見てみるか…報道された戦争X=2で宣言だ」

本国のカード2枚を捨て山に移しながら、表になるコマンド。
ガンダムウォー1弾で登場し、24弾現在でも一線で活躍する大量ハンデスカード。

「これが…」
「勝ち筋だ。あきらめろ、お前の負けだ」

突きつけられる、言葉。
お互いの手札2枚ずつはGNセファーと紫基本G、ミキオのはハリケーンローズとギンガナム軍。
攻撃規定前に、最後の照準でハリケーンローズをコストにカプルが破壊され、ラジエルは無人の戦闘エリアに駆けた。
ラジエルの効果でGNアーチャーと紫基本Gが表になり、手札に加わったのはGNアーチャー。それでターンは終わった。

「ドロー…ACEでGとディアナ帰還をロールして、追加ドロー」

宝物没収をプレイし、3枚に増える手札。4枚目のGに続いてプレイされたのは、共闘戦線。
さすがに盤面は苦しいな…とミキオは手札のカードを握った。


つづく


前へ / 第2期TOP / 次へ


txt:Y256

初出:mixi(10.07.15)
掲載日:10.07.15
更新日:10.07.16