※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#9 最後の悪あがきを


前回までの「あたしのガンダムウォー」

ブースタードラフト大会の一回戦、あたし本田 京子の前に立ちはだかったのは妙な言い回しのプレイヤー、コバヤシ ケンジだった。
序盤はあたしの低コストユニットで押していけるかに思えたけど、相手はまさかのシャアとシャアゲルググに赤い彗星というトーナメント級の引き。
何とか手札を使いまくって撃退できたのはいいけど、温存されていたコバケンのユニットが襲い掛かる。

「ガンダムヴァーチェ!」
「悪いんだけど…串刺しで」
「へ?」
「ご苦労さんンン~♪」

状況を打開するかに見えたヴァーチェもカウンターされてしまう。

「まあこのターン宇宙の打点で君の本国はなくなるかなぁ?」

コバケンはあたしの薄っぺらい本国をみてそう言った。
あたしは確認する。…残り8枚。コバケンもとりあえず確認するが、残りは11枚。案外少ない!けど…

「手札がないので加速度の衝撃は使えないな?宇宙にハンマとゲルググで出撃…勝ったお!君のドローで本国は1枚になる!新しいユニットの資源さえ払えないさぁ」

あたしは6点のダメージを受け、残り2枚。

「ふふっ…、君のターンだ、早く引くお…」
「うぅ…ドローするわ…」

本国の上のカードを手札に加えた…。

「え…?あ…、これは!?…勝てる!勝てるわ!! 配備フェイズ!」

これはブードラ大会第1戦の終局で起きた出来事である。

×××

「あ?あぁ」

勢い良く宣言するあたしに、投了すると思っていたのだろうコバケンは変な返事をする。

「そっちのザクⅡにこのカードをセット!!」
「!? だ、誰だお!?」
「自分の配備エリアでゆっくり拝みなさい」

そういってあたしはザクⅡにサンノゼをセットする。テキストは簡単、「(自動A):このカードは、防御に出撃できない」だ!

「ば…ばかなぁ!」
「地球にイフリート改を出撃、5点よ!」
「くぅ…通しだお…」
「そして帰還にノリスの効果を使用するわ!さらに5点!」

コバケンの本国は残り1枚…勝った!

「さ、引いてくださいよ。残り1枚の本国を!」

あたしはコバケンの本国を指差す。

「ん?いやぁ、帰還ステップ!」

…やば!ここで1以上回復とかされたら逆にあたし終わりだよ!

「はい」
「投了だお」

あたしはイスからずり落ちそうになる。

「投了なら帰還にしなくていいじゃないですか~脅かさないでくださいよ!」
「だってお、ここで僕終わりだよぉ?なら少しでも嫌がらせを…」
「あ、納得」

あたしは変に納得してしまった。ここで負けた人はもうデッキ解体、勝った人は進む。
自分のゲームで精一杯楽しもうとするのは当然の行為に思えた。

「ありがとうございました」

あたしは頭を下げる。
楽しい戦いだった、あたしは先に進むわ。

「こちらこそぉ、ありがとうございました」

あたしは二人分のスコアシートを手に立ち上がる。
その時、藤野があたしに近寄ってきた。どうやら対戦が終わったみたいだけど、この落ち込み具合は「負け」ね。

「京子、お前の次の対戦相手、気をつけたほうがいい」
「は?なにをどう気をつけろっての?」

あたしはトーナメント表を見る。どうやら藤野を負かした奴が次の相手、ということらしい。

「それは…面倒だから言わない」
「はぁ?」
「いちいち負け試合説明すんのが面倒なんだよ~。デュナメスも落とされるしさぁ」

あっそ…。でもデュナメスが落とされたことだけは覚えておくわ。
第1試合が終わって。第2試合の準備が始まる。あたしは決められた席に着いた。向かい合った対戦相手は…まだ中学生くらいの男の子!

「藤野、この子が?」

振り返り、あたしの対戦を観戦しようとしていた藤野に声をかける。藤野は「あぁ」と言っただけだった。

「僕は塚木 淳。みんなからはじゅんじゅんって呼ばれてるんだ。おねえちゃんもそう読んでいいよ」
「あ、あたしは本田 京子。よろしく、じゅん②」

少年が自己紹介をしたので、あたしも反射的に自己紹介する。なんだ、結構礼儀正しい子じゃない。
しかし、デッキを持ったじゅんは途端に表情を変える。

「さっきのおにいちゃんの友達?今日のドラフトはデュナメスが出てるみたいだから本気でいくよ」

デッキをシャッフルしながら、じゅんが言った。妙に強気だなぁ…。

「ふーん。あたしはデュナメスになんか興味ないけどね!」

商品が豪華だから本気出すっての?最初っから本気で来なさいよ…。
お互いデッキをカットし終え、相手の場に置く。さて、藤野の仇でも取ってやるか!

つづく


前へ / SeasonTOP / 次へ


txt:Y256

初出:あたしのガンダムウォー
掲載日:08.05.26
更新日:10.04.14