※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#21 あたしと詩織


衣替えして1週間、なんだかんだ毎日暑い日が続いてます。

日々はあっという間に過ぎて行き、そろそろ中間試験の影もちらついてきた…この感じが一番嫌。

「京ちゃん、今日は調子いいみたいだね」

詩織が道具をしまいながら言った。アーチェリーの調子?いつもとたいして変わらないへぼさだったと思うけど…

「そう?」
「うん。なんか機嫌いいでしょ、今日」

機嫌かい!まあ、今日は昨日より暑くないから機嫌は悪くないけど。

「そんなことないよぉ~今日だって十分暑いし~」

あたしは制服の胸元をバタバタさせた。うちの夏服は通気性はいいほうだと思う。

「どうする?今日どっかよってく?」

あたしは、手でスカートを払いながら言った。
片付けは終了っと。

「あ、私おごるよ?こないだのぶん」
「マジ?じゃあ遠慮なく行かせてもらおうかな♪」

寄るって言っても、近くにあるのはマックくらいのもんで…。

「あーあ。近くにデパートでもできないかなぁ…」

店の席に着きながら、あたしはぼやいた。商店街的にはそういうのは困るんだろうけど、あたしたち”若者”にとってはやっぱそういうのがないと厳しいでしょ。
それに、いちいち電車で町まで出なきゃいけないのも面倒だからね。

「山のほうの生協は?あそこ大きくなかった?」
「だっけ?でも少し遠いじゃん。車ないと無理じゃない?」

詩織は「それもそうだね」と言ってストローに口をつける。
詩織はいいよねー美人で。あたしもされたいわ、告白。そこ、告白されないのは性格のせいとか言わない!
あたしは詩織の横顔を見ながら、そんなことを考えた。

「京ちゃん…相談なんだけどね」
「何?」

詩織の相談。
勉強も部活もあたしよりできる彼女が、あたしに相談することと言えば…なんだろ?
確かこないだは、どのコンビニのおにぎりが一番おいしいか、とかだったなぁ…。バカにしてるわけじゃないんだろうけど、なんかこう…抜けてる?

「私ね、この前から付き合ってる人がいるんだけど…」

そこであたしはシェイクを噴いた。盛大に。

「は?は?何?マジで? どこのどいつよ、こんな美人のはぁとを射止めたのは?」
「ううん。…私から告白したんだ」

うわー。なんだこの急展開ー!最近別に変わったことなかったのに、いきなり付き合ってただなんて!
あたしは、おしぼりでテーブルを拭きながら詩織を小突く。

「やるじゃん詩織!で?相談っては??」

この手の話なら大好きだからね。詩織ごちそうさまでーす。

「付き合ったら、やっぱりデートとか沢山する?」
「まぁ、するんじゃない?」

デートについてかな?経験ないあたしの話が参考になるかどうか…。

「先月の30日に告白して、OKもらったんだけど、その日デートしたきりで、その後は1回もデートとかしてないんだ…」
「ふむ、同じ学校の奴?」
「うん」

詩織は頷いた。つまり、学校で会ったりメールはするけど、デートは初回の1回きりってわけ?

「それで相手の気持ちが気になるわけですね?古田君」
「京ちゃんしゃべりかた変だよ…。気持ちが気になる…のかなぁ」

うわーわかんねー。まず、付き合ってもいいと思ったからオッケーしたわけじゃん?
うーん。こんなことならちあきも呼ぶんだったわね…。

「だから京ちゃんから聞いてみて欲しいんだ、勇君に」
「別にいいけど…?ど!?ちょっと待って詩織!今なんて言った?」

一瞬気付かなかったけど、詩織の彼の名前…!!
あたしは詩織の肩をつかんで顔を見た。

「い…勇、松岡 勇くんだけど…?」

あちゃー。ショックで殺す気かと。なんで詩織の彼氏が松岡なわけ!?

あたしと詩織は1年生のときクラスが同じで、松岡もそのクラスにいたっけな。詩織の話じゃ、その時から好きだったらしい。
ようやく理解した。藤野と『カキヨ』に行ったあの日、詩織は用事で松岡は助っ人…そういう”ワケ”だったんだ。京子先生としたことが、まったく気付かなかったわ…。

「う、うん。訊いてみる。…てか詩織、」
「何?京ちゃん」
「松岡のどこがいいわけ??」

率直に質問をぶつける。すると詩織は照れながら「えっと…」と言った。
あーおあついことで。

そのあと、詩織は松岡のいいところを、あたしは駄目なところを挙げあった。
詩織は随分いろんなことを知ってて、あたしが挙げた駄目な点が、揚げ足取りみたいになっちゃってる感じだったけどね…。

「やばい!もうこんな時間!?親父きっと家でお腹すかせてる…!」
「ごめんね、京ちゃん。こんな遅くまで…」

こちらこそゴメン…ほとんど何も進展しなくて。
あたしは「いいよいいよ」と言って詩織と別れた。

×××

結局、次の日に松岡に問いただそうと思ったけど、木曜、金曜とあいつは続けて休んだ。風邪らしい。
松岡と詩織のことは、まだ藤野には言ってない。(松岡自身が言ったなら話は別だけど…)
だって藤野は詩織が好きで、詩織は松岡とできてるとかややこしすぎるじゃん。喧嘩とかにはならないだろうけど。

「本田、ここやってみろ」

ボーとしてたあたしを数学の坂本が指差してきた。
クソ!わかるか、そんな問題!
あたしは、隣の席のいっちーのノートを借りて前に出る。

松岡…詩織の気持ちもちゃんと考えなさいよ!バカ!
黒板に当てたチョークが、力の入れすぎでバッキリ折れた。

つづく


前へ / SeasonTOP / 次へ


txt:Y256

初出:あたしのガンダムウォー
掲載日:08.06.13
更新日:10.04.14