※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆雪国のクラブの皆さん、ご安心下さい。

1)積雪の多い地域をホームタウンにするJリーグクラブ及び、
  Jリーグを目指すクラブのホームスタジアムに開閉式の
  屋根、芝生の為の地下温水循環設備、スタンドシートに
  熱線を敷設します。

2)1に当てはまるクラブには屋内練習場に留まらず、屋外で
  も常時使用可能な芝生を維持する機能を整えた練習グラウンド
  を新たに用意致します。

3)2の屋外練習場に於いて、機能を超えた積雪に見舞われ練習
  メニューに支障を来たした場合、日本サッカー協会会長以下
  幹部スタッフ総出で雪掻きに赴きます。

4)大雪等で試合日に交通網が寸断されるのを防ぐ為、主要道路
  及び主要幹線の消雪パイプやロードヒーティングシステムの
  設置、スプリンクラー等の増設、防雪林の植林等々、様々な
  機能を強化致します。

5)4の機能を超えた積雪に見舞われ交通網に支障を来たした場合
  日本サッカー協会会長以下幹部スタッフ総出で雪掻きに赴きます。

6)以上の事を全額日本サッカー協会の資金及び自己資金から出資致します。

2008年8月6日ミートパイ記念日 日本サッカー協会会長 犬飼基昭