※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大分への処分見送り 天皇杯主力温存問題

 日本サッカー協会は14日の理事会でJリーグ1部(J1)大分、千葉が天皇杯全日本選手権4回戦で主力を温存して敗退した問題を協議し、大分への具体的な処分を見送った。千葉は大分と事情が異なることを認め、審議対象とならなかった。
 この問題の背景にある大会日程などの問題をJリーグ将来構想委員会、天皇杯実施委員会で検討することを決めた。
 天皇杯には当然守るべき姿勢としてのベストメンバーでの参加義務があるが、先発メンバーの直前の出場試合数などを定めたJリーグの基準は適用されない。田嶋幸三専務理事は「明確に罰則を与える規定がない」と、処分見送りの理由を述べた。その一方で、今後について「抜本的に話し合わないと同じことは必ず起こる」として、議論になっているシーズン制見直しも含めた早急な対策を両委員会に求めた。
 犬飼基昭会長は主力を温存したクラブの姿勢を批判し、処分に言及していた。