※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

犬飼会長がG大阪の天皇賞勝利を評価
http://www.nikkansports.com/soccer/news/f-sc-tp0-20081116-430260.html
日本協会の犬飼基昭会長(66)が16日、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)を制したG大阪が、
日本代表3人を除いたベストメンバーで天皇杯4回戦の甲府戦に臨み、延長勝ちしたことを評価した。

福岡市で行われた九州地域訪問会議に出席した同会長は「やっと勝ったみたいだね。
(タイトルを)取りたいからベストでやったんでしょう」と発言。主力を欠いて敗退したとされた大分についても触れ、
「クラブの姿勢の問題。メンバーを変えたら勝ちたくないと評価される。勝ちたくない天皇杯なんてあるんだろうか?」
と失望感をあらわにした。


メンバーを変えたら勝ちたくないと評価される。