特別編 - 無言の採集


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それは限定ギルドの中に突如として現れた。
無の世界からやってきた招かれざる存在…。



「加入を申し込みます」



加入を申し込みます─。

これは、その人物が自己紹介欄に何も書かないまま加入申請をした際、
あたかも許可を求めているかのように見えてしまうという、
ギルドシステム上の不具合なのである。

つまり、日本語を読み書きできない人物であっても、ギルドストーンをクリックすれば
容易に加入を許してしまうのであった。

だがそのときaspirinをはじめ、限定のメンバーは誰一人として
その不具合に気づいていなかった……。


aspirin「加入申請キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!」
キムタカ「ダレ ヽ(゜< ゜ 三 ゜ゝ゜)ノ ダレ」
ライダ「ほ…師匠、それは女性ですか」
aspirin「断る理由はないね??じゃあ( ・∀・)b OK!」

それが悲劇の始まりであった。


aspirin「ドコ く(゚∀゚三゚∀゚)/ ドコ」
キムタカ「キョロキョロ (゚∀゚ 三 ゚∀゚) キョロキョロ」
ライダ「バンホにいたかも」
aspirin「ε===┌(;・∀・)┘イッテミヨ!!」

それはバンホールにたたずんでいた。
彼らは新人を歓迎しようと鉱山の町・バンホールへと向かった。




「………………………………………………………………………」




それは、何も話さない。

ギルドチャット、全体チャット、友達登録、パーティー募集ウィンドウ、
どのようなアプローチにもまったく反応せず、無言のまま立ち尽くしていた。


ライダ「あの、操作わかりますか?」
「…」
aspirin「(^o^)/オーイ」
「…」
キムタカ「放置かな?」
「…」
「…」
「…」

いくら話しかけても、答えない。


aspirin「日を改めようか…」
キムタカ「ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…」
ライダ「チャットできないんですかね…」


「…」



だが次の日も、その次の日も、そのまた次の日も、返事はなかった。


ただ無言のまま、時間だけが過ぎていったのである……。





一言も会話を交わさないまま1ヶ月が過ぎたころ、
aspirinに1通のメモが送られてきた。
それを読んだaspirinは鳥肌が立つのを感じた。

「少しお話したいことがあるのですが、よろしいですか?」

それはあるギルドのマスターからのメモで、
何かよくないことを伝えようとしているのではないかと
aspirinは震えながら返事を書いた。


aspirin「また何かよくない知らせなのでしょうか…」


「あなたのギルドの一人が、私たちがペットから採集しているときに突然やってきて、
 勝手に採集を始めたんです。注意しても一向にやめてくれないんですけど…」


非常事態である。名前を聞かなくとも、それが誰の仕業であるかは明らかであった。
aspirin自身がまったく意思疎通を図れていない人物。
このときはもう、ありのままを話すしかなかった。


「そうだったんですか。そういう人にはメモを送って、すぐ脱退させたほうがいいですよ」


幸いなことに、そのギルドマスターは理解を示してくれた。
そしてaspirinは、物言わぬ亡霊のような存在をギルドから追放したのである。


「マスターさんがよさそうな人でよかったです^^
 今度あったときはよい知らせでありますように」

aspirin「申し訳ありませんでした」



それ以来、限定ギルドでは「加入を申し込みます」という紹介文を送ってきた人を
一切受け入れない状態になってしまったという。

物言わぬ存在は脅威なのである……。





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|