※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


クロスオーバー(cross-over)

クロスオーバー とは2人の選手が互いに逆方向に走りながら交差する動きをいいます。一方がドリブルしながら他方へボールの受け渡しを行う場合や、ボールなしで相手のマークをふりきるために行う場合などがあります。

まず左図の状態がスタートです。図はサイドでよくある攻防ですが、中央でも同じです。

まず(2)がボールを受けるために引いてきます。

次に(1)は(2)に対してパス、アンドゴー。

(1)はそのまま縦に走り続け、一方(2)はボールをキープしたまま下がってきます。このように(1)と(2)がポジションを入れ替えることにより相手としてはマークに迷いが生ずるわけです。

図の場合はマンマーク的に付いていく場合を描いてありますが、仮にゾーンディフェンスを貫徹する場合にはマークの受け渡しという難題が発生します。

そして、適当なところで(1)の進行方向に対してパス。(2)は場合によっては後を向いた状態からパスを出さなくてはならず、なかなか難しいですが、(1)が縦に行くのを横目に見ながらキープしているときに心の準備ができていれば、あながち無理なことではありません。

上手くいけば、(1)がDFラインの裏を取り、鋭いクロスを入れるところまで行けるかもしれません。



リバースパス(reverse pass)

リバースパス とはある方向にドリブルし、それによって逆方向にできたスペースに出すパスのことをいいます。

まず(1)が前を向いてボールを持ちました。左の前にスペースがあるためここに向かってドリブルします。

ところでいまドリブルと書きましたが、このように相手陣を突破するのではなくスペースへボールを持っていく場合は、正確にはラン・ウィズ・ザ・ボール(Run with the Ball)といって、ドリブルとは区別しているようです。ここではとりあえずドリブルと書くことにします。それはさておき。

ドリブルすると相手DFがついてきます。こうして相手DFを引き連れたことによって、最初に(1)が居た所には相手選手が居なくなるためスペースができます。そこを狙って(2)が走りこみます。そして(1)も(2)のこの動きを予想しています。

連携がしっかりしたチームは、前でドリブルをする選手が居たら必ずそこに走りこむという約束事が浸透しています。ドリブルする選手も他の選手が来てくれているはずだと信じているわけです。このような意思統一ができるようになるには、できたスペースに労を惜しまず走りこむ必要があります。もっとも、90分間それを続けるのは無理ですから、攻勢をかけている時間帯だけでもしっかりとやるべきでしょう。

そして(1)は例えばヒールパスなどでうしろにボールを出します。(1)と(2)の間の意思疎通ができているからこそ、見ないでもパスが出せるわけです。

この場合、ヒールパスを出した(1)のテクニックだけが賞賛されることが良くありますが、(1)がパスを出せるのは(2)が必ず走りこむという確信があるからであって、それを察知して走りこんだ(2)も賞賛されるべきでしょう。