※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


フォーメーションとは選手の大まかな配置に関する決め事といってよいでしょう。
フォーメーションを守備面から見た場合、相手選手に対するマークの付き方やスペースの埋め方と関わってきます。たとえば誰が誰にマークに付き、誰がサイドのスペースを埋めるかなどです。したがって相手のフォーメーションとの関係に注意する必要があります。

また攻撃面から見た場合、システムとは、ボールを取り返した時点での大まかな配置と考えられるため、攻撃の組み立て方にも関係してきます。

フォーメーションは4-4-2や3-5-2をはじめ、多くのバリエーションがありますが、一つ一つ特徴を覚えるというよりは、考え方や試合の中でどう機能しているかを見る見方を覚えた方がよいと思います。



個別の評価

DFの枚数(4バックと3バック)

特に3バックの場合、両サイドにできるスペースをどのように埋めるか。

4バック

DF4枚がそのまま下がれば最終ラインはサイドのスペースまで埋まる。また両SBが適当に攻撃参加することでサイドの攻撃に厚みを持たすことができる。

ただし2枚のCBが直接に相手2トップと対することになると1ミス即失点であるため、それなりに屈強なCBが2枚必要になる(もっとも、中盤の底がちゃんと守備に加われば、それほど危なくないとも言える)。また運動量がある優秀なSBを用意して、攻撃参加をさせないと実質4CBのようになり守備的になりすぎる。


3バック

3バックは中央は3枚のCBがいるため簡単に裏を取られにくくはなるが、どうしても両サイドに隙ができやすくなる。

にもかかわらず3バックを採用するのは、DFを3枚で済ますことで中盤より前を1枚分厚くできると言うメリットがあるからである。これが本来の3バックの目的である(4-4-2と比較すると、DFは4枚から3枚へと1枚減ったが、中盤は5枚となって1枚増える)。

しかし、WBが戻って両サイドのスペースを埋めるようになると実質5バックのようになって守備的になりすぎる嫌いがある。実際Jリーグでは3-5-2がそのようになってしまうことが多い。


バイタルエリアへの対応(ボランチの枚数)

バイタルエリアに対してボランチを何枚配置するか。またボランチ以外の選手も含めて、バイタルエリアにどのように対応するか。

2ボランチ(ダブルボランチ)

一般的には2ボランチのフォーメーションが多い。これは攻撃的なボランチと守備的なボランチで組むことでバランスが取りやすい。

つまり、守備的に行きたいときは中盤の底を2人で守り、攻撃的になる場合は片方のボランチが攻撃に参加するという形を取るわけである。

1ボランチ

一般にバイタルエリアを守備的なボランチ1人で守る形になるため、ボランチは中盤の底に居座り、守備とボール捌きに専念するような形になりやすい(もちろんそれがすべてではなく、サイドのフォローに回ることもある)。

3ボランチ

ボランチ3枚であるからそのままの形であれば守備は固いが、上手くバランスを取って攻撃参加しないと攻撃が細る。

  • 433の場合
  • 4312/442ダイヤの場合


縦への構成力

ボールを取り返してからの縦へのボールの運び方について配慮してあるか。


FWの枚数

FWの枚数により、高い位置でボールキープできるか変わってくる。特に1トップの場合どうするか。

2トップ

2トップは一方のFWがポストしたときは、他方は裏を狙って動き出すなど、バランスに優れている。

3トップ

3トップは攻撃的ではあるが、逆に中盤の枚数が足りなくなり、3人が前線でそろって「孤立」するような場合すらある。

1トップ

1トップはトップの枚数を削った分、中盤以下が厚くなるが、当然1トップを張るFWの負担は大きい。中盤の選手が積極的にトップの位置まで上がってサポートに入る必要がある(トップの位置に上がったまま戻らなかったら…?それは2トップと同じである)。

1トップは主にキープして中盤の上がりを助けなければならないが、シンプルに裏を狙う場合もある(上手くいけば、FW1人で相手のディフェンスラインを拘束することできる。これが1トップの大きなメリットである)。



相手のシステムとの関係