Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


601~700】 | 【701~800

601~700

643-646 | 帰って来たウエンツ鬼太郎
ほしの「ごは~ごはごはごは~。ご…あれ?なんだろ今の…あのー、そこに誰か居ますか?もしもしー?」

    「………」


650-651 | 印象ウエンツ
ウエンツ「土とか食べてみようかな。」
高山「何言ってるんですかウエンツさん。
   修行のせいで頭に蛆(うじ)か何かわいてしまったんですか?」


653-655 | それでは皆様よいお年を
松岡「今年も残す所あとわずかですね」
親父「年末は少し荒れておったが、いい年越しになりそうじゃ」


658 | ゲゲゲの森の行く年来る年
「ぎゃーぎゃー どたばた。」

野沢「あれ、誰か転げ落ちたぞ。」


665-669 | 抱く分にはロハなれば、高くあれよ志
高山「年越しにゅうめん茹で上がりましたよー。」
松岡「じゃあ戴こうか。さあ、みんな座って。」
野沢「『地獄流し』、取ったッ!」


670 | 新年の御挨拶
高山「何はともあれ、」
松岡「新年明けまして、」
戸田・野沢「「おッめでとーございまーす!」」


675 | 書き初め編
松岡「じゃあそれぞれ好きな言葉でも書いてみようか。」
野沢「楽しい字がいいから、僕は『幸福』にする!」
松岡「いい字だね、じゃあ僕は平和な日々を送りたいから『平和』にしておこうかな。」


676・686 | 裏四者四様・俳句編
親父「おお、がんばっとるのう。ではわしらは俳句を作ってみようじゃないか。」
ウエンツ「風流ですね!でもいつもの面子と違って……。」
ゲタ吉「あれ?なんか不満?」


687・689 | クリスマスカードと年賀葉書はリサイクルしましょう
ゲゲゲハウスの前にて大量にある年賀状の仕分けが未だに終わらないようです。

目玉「やれやれ。年賀状の宛先が皆『鬼太郎』だと仕分けが大変じゃのう」


692-697 | 風が吹けば洗濯桶のファルス編
読み書きの~ ツボッ

松岡「皆さん、こんにちは。深夜だけど、読み書きのツボの時間だよ。


701~800

702 | 第五期三十九話裏方話
5ネコ「ただいま~おねえちゃん~」
2猫「あらおかえりなさい。飛騨は寒かったでしょ?」
5ネコ「うん。たしかに寒かったけど、心はホカホカよ~」


704・707 | 続編ウエンツ
ウエンツ「みんなあああ!!聞いてよ!実写映画『ゲゲゲの鬼太郎』の続編が製作されることが決まったよ!!!」
戸田「おお!良かったなウエンツ!」
野沢「おめでとう!でもねずみ男や猫娘さんはキャストは同じなの?」


713 | とりあえず桃屋CMの僕を標準と思って、あ、勿論のり平になる前で
野沢「高兄、やっぱり飛騨から帰ってきて以来なんか心ここにあらずだな。」
戸田「おいっ、なに思い悩んでるんだよ!鬱陶しいから言ってみろって!」
高山「べ、別に何でもないよ…」


722 | 「生活の知恵」だと貧乏くさいから「暮らしの工夫」って言えだって
高山「はい、●崎パンから新商品が出ましたよ~。」
戸田「本当によく出るな。」
野沢「いいなぁ、兄さん、パン屋さんから商品が出るなんて。」


739 | 生贄になったウエンツは、スタッフが美味しくいただきました
松本「グレイヴヤードに送ったボツネタAとボツネタBを手札に戻しっ!
   そこに新しくネタCとネタDを加えてこれ等を融合ッ!
   さらにウエンツを生贄に捧げ、合体ネタXXX(トルプルエックス)を召喚だーっ!!


746 | 流行りの語尾は好きですか
このスレの新流行語「こんちくしょーw」

目玉「朝はまだまだ寒いのう こんちくしょーw」


749・753 | 満を持して、撃つべし!撃つべし!
松岡「745レス目で400KB超えてるのか・・・」
野沢「これはちょっと>>1000いくのは微妙かもね」
戸田「どーすんだよ!?父さん初代スレの雪辱を晴らすって毎日高兄連れてトレーニングしてるのに!」


763 | 痛嘆ウエンツ
ウエンツ「ちょっとみんなー!スレでこんちくしょーが大流行ってホントなの!?」
松岡「まあ大流行って程じゃないけど、急にどうしたんだいこんちくしょー。」
ウエンツ「あー!やっぱ流行ってるんだ!こんちくしょーは僕のキャッチフレーズなのに勝手に盗らないで!!」


770-771 | 脳内メーカー
成分分析が面白かったので、便乗して脳内メーカーしてみました。


779-782 | 放送開始目前にしてッ最大の危機ッッ
松岡「もうすぐですね、小父さん」
墓場「スパスパ・・・ああ」
戸田「野沢しっかりやったか?」


799-810 | 原作アレンジ・第五期四十話編
高山「父さん。兄さん。お茶が入りましたよ」
親父「すまんのう。高山鬼太郎」
松岡「ありがとう。高山」