Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

突然だが
キキキのゲ太郎 誤植編の続編を勝手に作ってしまった

  • キキキのゲ太郎 完結編
2猫「もしもし。月刊ニャンデーの猫田です。お疲れ様です。」
水木「あれ?猫田さん声変わってませんか?」
2猫「はい。前の猫田の姉です。今日からキキキのゲ太郎の担当になりました。よろしくお願いします。」
水木「え・・・あの・・・前の猫田さんは・・・」
2猫「亡くなりました。」
水木「うそーーーーーーーーっ! な、なんで・・・」
2猫「実は初めてできた彼氏が初デートの前に倒されちゃったようで・・・」
水木「た、倒された!?」
2猫「敵にあっさり倒されちゃったそうです。」
水木「良く分かんないけどそれで自ら命を・・・!?」
2猫「いえ、ショック死です。」
水木「ショ・・・ショック死!?」
2猫「何か仕事中に警察から遺体確認の電話が来て『ありえないにゃん!』と叫んでバタンと倒れてしまいました。」
水木「最後までそのしゃべり方だったんですか・・・」
2猫「それで仕事の話に戻りますけどキキキのゲ太郎・・・」

2猫「来月号で最終回ですんで」
水木「うそーーーーーーーーっ!!」
2猫「悪く言えば打ち切りです。」
水木「わざわざ悪く言わないで下さい。」

2猫「もともとあまり人気が無かったけど今月号はぶっちぎりで不人気だったんですよ。」
水木「それは前の猫田さんのせいじゃ・・・。でも、急に最終回とか言われても困りますよ!
 僕の漫画やっと盛り上がってきた所なのに・・・西洋妖怪とか出てきて・・・」
2猫「『戦いはこれからも続く・・・』みたいな終わり方でいいじゃないですか。」
水木「そういう終わり方ってよくありますけど僕のマンガの場合・・・
 敵のボスのパックベアードに主人公の従兄弟が捕まってるじゃないですか・・・
 そんなわけでパックベアードを倒さないとスッキリしないというか・・・」
2猫「そうですねえ・・・」
水木「パックベアードに近づくためには四人の西洋妖怪を倒さないといけないし・・・
 パックベアードを倒すためには催眠術を防ぐ手段を考えないといけないし・・・
 しかも今戦ってる西洋妖怪のドラキュラは胸を正確に突き刺さないと死なないんですよ。」
2猫「なんでそんな設定に・・・」
水木「何話かひっぱろうと思って・・・
 あと主人公に謎の叔父(従兄弟の父)がいるらしいことをほのめかせてるんですけど
 コレ、どうしましょう?」
2猫「まあうまくまとめておいて下さい。」
水木「はあ・・・」
水木(新しい担当なんか冷たい)
水木「で、そのページは何ページ貰えるんですか?」
2猫「3ページでお願いします。」
水木「うそーーーーーーーーっ!!!
 何で僕そんなにひどい扱いなんですか!」
2猫「ほんと人気なくて・・・」
水木「も、もう月刊ニャンデーでは描きませんからね!」
2猫「はい」

最終話 希望を胸に すべてを終わらせる時…! 水木しける
ゲ太郎「チクショオオオオ!くらえドラキュラ!髪の毛槍!」
ドラキュラ「さあ来いゲ太郎オオ!オレは実はどこを刺されても死ぬぞオオ!」
(ザン)
ドラキュラ「グアアアア!こ、この西洋妖怪で妖怪医のドラキュラが…こんな小僧に…バ…バカなアアアア」
(ドドドドド)
ドラキュラ「グアアアア」
フランケン「ドラキュラ・・・やられた…」
魔女「ククク…あ奴は四人の西洋妖怪の中でも最弱…」
狼男「ジャップごときに負けるとは西洋妖怪の面汚しよ…」
ゲ太郎「くらえええ!」
(ズサ)
3人「グアアアアアアア」
ゲ太郎「やった…ついに西洋妖怪を倒したぞ…これでパックベアードに近づける!!」
ベアード「よく来たなキキキのゲ太郎…待っていたぞ…」
ゲ太郎「感じる…ベアードの妖力を…」
ベアード「ゲ太郎よ…戦う前に一つ言っておくことがある
 お前は私の催眠術を恐れているようだが…最近ドライアイになってしまったので使えなくなった」
ゲ太郎「な、何だって!?」
ベアード「そしてお前の従兄弟はもさもさしてきたのと『撮影が!』と騒いでうるさかったので最寄りの町へ解放しておいた
 あとは私を倒すだけだなクックック…」
(ゴゴゴゴ)
ゲ太郎「フ…上等だ…オレも一つ言っておくことがある
 このオレに叔父がいるような気がしていたがただの張りぼてだったぜ!」
ベアード「そうか」
ゲ太郎「ウオオオいくぞオオオ!」
ベアード「さあ来いゲ太郎!」
ゲ太郎の勇気が世界を救うと信じて…! ご愛読ありがとうございました!