Skip to: Site menu | Main content

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

野沢鬼「最近、ねずみ男見かけないなぁ」
松岡鬼「どうしたんだい、野沢」
野沢鬼「この前、ねずみ男とラーメン屋に行こう、って約束したんだ」
高山鬼「そう言えばこの前そんな事を話してたね。(アレを約束って言うのかなぁ)」
野沢鬼「次に会ったら連れてってもらおうと思ったんだけど、松兄は見てない?」
松岡鬼「そうだったのか……残念だけど、僕は暫く見てないよ」
野沢鬼「戸田兄は?」
戸田鬼「見てないや。それにしても、ねずみ男とラーメン屋か……」
高山鬼「?」
戸田鬼「……あんまり良い思い出が無いんだよなぁ」


松岡鬼「……あれはとんだ災難だったからね」

戸田「僕はああいう奴が大っ嫌いなんだ!」
高山「あの人間か。
居る居ないの論争はまだ良いとして、僕にはあの素行が許せなかったな」
野沢「本っ当に困っちゃうよなぁ」
松岡「……そういう人には御灸を据えるのが一番さ」

ラーメン屋で妖怪議論や恐喝をしてはいけない←結論

とある日
松岡「たまには家でラーメン作ってみない?」
一同「さんせーい!」
野沢「じゃあ早速買い出しに行こうよ!」

戸田「やっぱラーメンって美味いな」
高山「家でのんびりしながら食べるってのもアリですね」
野沢「うん(ズルズル)」
目玉親父「わしの茶碗風呂はまだかのう?」
松岡「すいません父さん、今沸かしてます」
高山「何しろ全員分のカップラーメンでお湯を使いきってしまって…」

目玉スープを作れるんだから高山ならラーメンくらい作れるはず
魚の目玉入りラーメンを作って皆に振舞う高山

野沢鬼「高兄まだー?お腹減ったー!」
戸田鬼「おーい早くしろよー」

と急かす二人に高山鬼がすぐ怒りそうだな>高山鬼のラーメン作り

高山「まったく、みんな少しは待てないんですか…?はい、魚の目玉入りラーメン出来ましたよ。」
戸田「ズルズル…、これは美味しいなあ~!おかわり!」
松岡「高山は魚の目玉料理得意だものね。」
目玉おやじ「わしが一番好きなのは、猫の目玉なんじゃがのう。」
高山「ネ、ネコ娘がいる時にそれ言ったら大変な事になりますから!魚の目玉で我慢して下さい!」
野沢「またネコ娘さんにフォーク投げられるよね。」
高山「フォークじゃ済まないよ…。(泣)」

野沢「…でも猫の目玉って僕食べたことが無い。美味しいのかなあ」
戸田「ネコの頭スープとかもあるらしいね」
松岡「そういえば、あれは結構美味しかったな…」
野沢「えっ、松兄、猫関連食べたことあるの?」
戸田「ウソだろ?いつ?どこで?」
松岡「本当だよ。ねこ娘の部屋でね…。フフ、あれはいつだったかな…?」
戸田「………………ま、松兄、それって…」
高山「"ねこを食べる"の意味が違うじゃないですか!」
野沢「何何?松兄、ねこちゃんのを食べちゃったの?」
松岡「うん、そう。でも、つまみぐいした程度だし…」
高山「いい加減にしてくださいよ!野沢、ホラ!外へ行くよ!戸田も!」



松岡「……ねこ娘のネコ缶を一口もらっただけで、そんなに怒らなくても」
目玉「自分たちも食いたかったんじゃろう」
松岡「そうですね。今度一缶譲ってもらいますよ」