作品解説 > リプレイ・小説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは、リプレイおよび小説作品について記述する。

単行本化されたリプレイ

紅き月の巫女

エロゲー情報誌『E-LOGIN』に連載された(ただし本作自体は 18禁ではない )。
世界の命運を決する「巫女」と「魔剣ヒルコ」にまつわる物語。
矢薙直樹小暮英麻が初めてプレイヤー参加したリプレイであるため、ナイトウィザードの世界観のみならず、TRPGそのものについても解説が詳しい。TRPG入門者にオススメの一品。
緋室灯マユリナイトメア真行寺命が初登場したリプレイ。

黒き星の皇子

『E-LOGIN』に連載された(ただし本作自体は 18禁ではない )。
未来に地球を滅ぼす「魔神」と、その魔神を倒す可能性を秘めた「日記」にまつわる物語。
「紅き月の巫女」に続く「みこ」シリーズ第2弾ではあるが、シナリオギミックの関係から、
使用されているルールはナイトウィザードではなく、姉妹作『セブン=フォートレス』 *1 が使われている。
柊蓮司がPC出演した3番目のリプレイ。「下がるお茶」ネタの発端でもある。
また、連載中に『E-LOGIN』の休刊が決まり、連載時は内容を大幅に縮小して完結させ、単行本として「完全版」を出すという不運な経緯をたどったリプレイでもある。

白き陽の御子

萌えキャラ情報誌『マジキュー』に連載されたリプレイ。
拡大していく月匣「終わらない夏休み」 *2 に囚われたウィザードたちの物語。
中盤の「終わらない夏休み」から脱出しようとするプレイヤーたちの悪戦苦闘、名物プレイヤー田中天が演じる女性キャラクター「要いのり」の名(迷)演、そして「他人のダイス目をも操る」とまで言われた小暮英麻の豪運が話題を呼んだ。

合わせ鏡の神子

『マジキュー』に連載されたリプレイ。
「みこ」シリーズリプレイ完結編。タイトルは過去作品の愛称が「あかみこ」「しろみこ」だったことから、味噌にかけた駄洒落で「あわせみこ」となった。
エミュレイターはおろか、ウィザードすら消失してしまう「魔法消失事件」の謎をめぐる物語。
柊蓮司がPC出演した6番目の、また緋室灯がPC出演した2番目のリプレイ。両者とも、今のところナイトウィザードのリプレイへのPC出演はこれが最後となっている。また。ロンギヌス・コジマメ役の声優小島めぐみがプレイヤーとして参加しており、リプレイにおける彼女の三下キャラの原点となっている。

愛はさだめ、さだめは死

『ナイトウィザード The 2nd Edition』で初めて単行本化されたリプレイ *3 。表題作と続編「禁断の封印」からなる。
一度命を落としながらも、侵魔との契約で魔王の身体で蘇った少年と、冥魔「喰らい尽くすモノ」の封印を宿す少女達の物語。
ゲームマスターは田中天菊池たけしはプレイヤー側で参加している。以後、菊池はThe 2nd Editionでのリプレイではプレイヤー参加が主となる。

モノクロームの境界

ファミ通文庫の公式サイト『FB Online』に連載され、後に書き下ろしの続編「紅き薔薇の女王」を加えて単行本化されたリプレイ。
突如昏睡状態に陥った姉を救うために動く少女と、死んだはずの恩師の出現の謎を追う少女が、行方不明の父を探す吸血鬼の少年と出会った時、魔王たちの間の陰謀が白日のもとに曝される。
ゲームマスターは久保田悠羅。小島めぐみが「合わせ鏡の神子」以来の最登場。菊池たけしもプレイヤーとして参加している。

地球の長い午後

幼年期の終わり」(後述)の単行本化に際して書き下ろされたリプレイ。
人気ネットゲームに隠された魔王の恐るべき計画に、「幼年期の終わり」の流鏑馬姉弟らが挑む。
ゲームマスター、プレイヤーは「幼年期の終わり」と同じ。

蒼穹のエンゲージ

#『FB Online』に連載され、後に書き下ろしの続編「真実のディスエンゲージ」を加えて単行本化されたリプレイ。&br

試作型箒「ヴァルキューレ・シリーズ」を巡るロンギヌスたちの戦いを描く。
ゲームマスターは齋藤幸一。菊池たけしと、『アリアンロッド・サガ』シリーズ常連の声優大竹みゆがプレイヤーとして参加している。

星空のラストリゾート


『FB Online』に連載され、後に書き下ろしの続編「救世のヒーロー」を加えて単行本化されたリプレイ。
突如狭界に出現した冥魔の戦艦「ナグルファル」。ロンギヌスの実験部隊「ファイアフライ」はナグルファル阻止のため出動するが―。
ゲームマスター、プレイヤーは「蒼穹のエンゲージ」と同じ。

マリオネットの方程式


『FB Online』に連載され、後に書き下ろしの続編「ジェムストーンの策謀」を加えて単行本化されたリプレイ。
鹿島はるみの胸に痣が現れたその日から、彼女は謎の刺客に襲われる。流鏑馬勇士郎の前には死んだ戦友が。藤原竜作邸の庭には満身創痍のベール=ゼファーが…。 やがて明るみになる代理戦争「魔王戦争」とは?
ゲームマスターは田中信二。「幼年期の終わり」「月は無慈悲な夜の女王」「ヴァリアブルウィッチ」のクロスオーバーで送るナイトウィザード10周年記年リプレイ。

サプリメントなどに収録されたリプレイ

星を継ぐ者

F.E.A.R.のゲーム専門誌『ゲーマーズ・フィールド』に、ナイトウィザード発売記念として掲載されたリプレイ。
のちにサプリメント『スターダスト・メモリーズ』に収録。『2nd』移行後もファンブック『スターダスト・ティアーズ』に再録された。
エミュレイターとして地球に落ちんとする小惑星「ディングレイ」と戦う「星の勇者」の物語。
発売時期とも関連して、ナイトウィザードの入門用には具合がよい。
(ただし、ゲームの追加キット扱いであるため、読み物と割り切るにはいささかお高いが)
柊蓮司・赤羽くれはが初登場したリプレイ。

幼年期の終わり - HUMAN SYSTEM -

サプリメント『ロンギヌス』」に収録されたリプレイ。
世界結界に新たな「常識」を設定する権限を持つ「裁定者」にまつわる物語。
ゲームマスターは田中信二。菊池たけしはプレイヤー側で参加している。菊池がGMを務めない初のナイトウィザードリプレイでもある。

愚者の楽園

ファンブック『パワー・オブ・ラブ』に収録されたリプレイ。
平行世界を巻き込んだ侵略劇のなかで、「下がる男」柊蓮司の真実が明らかとなる。
柊蓮司がPC出演した5番目のリプレイ。
PCとして「レベルが8まで下がったアンゼロット」が登場、菊池たけしが全く関わらず、プレイヤーは3人という異例づくめのリプレイでもある。
ゲームマスターは田中天。ユウ役の声優木下紗華がプレイヤーとして参加している。

最果てで君を待つ扉

ファンブック『リーチ・フォー・ザ・スターズ』に収録されたリプレイ。
七徳の宝玉のひとつ「希望の宝玉」と、魔王アゼル=イヴリスをめぐる物語。
このストーリーは、アニメ版でも語られるマジカル・ウォーフェアへと繋がっていくことになる。
ゲームマスターは伊藤和幸。以後伊藤は「ブルーム・メイデン」までのファンブック(「スターダスト・ティアーズ」を除く)収録リプレイでGMを務めることになる。アゼル=イヴリス役の声優植田佳奈がプレイヤーとして参加している。

月は無慈悲な夜の女王

ファンブック『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』に収録されたリプレイ。
『2nd』移行後初のリプレイ。
「月の守護者」の転生者候補となった二人の女子高生と、月に潜む冥魔との戦いを描く。
ゲームマスターは伊藤和幸。エリス役の声優宮崎羽衣、植田佳奈、そして菊池たけしがプレイヤーとして参加している。

天の光はすべて星

サプリメント『ソウルアーツ』に収録されたリプレイ。
「ソウルアーツ」で追加されたクラス「同調者」のデモを、小さな田舎町でのウィザードと侵魔との戦いを通して描く。キャラクター・ストーリー共にオリジナル(PCの一人は絶滅社のエージェントだが)。菊池たけしが全く関わらない2度目のリプレイでもある。
ゲームマスターの重信康は、のちに『ビーストバインド・トリニティ』の共同デザイナーを務めることになる。

聖なる夜に小さな願いを

ファンブック『オペレーション・ケイオス』に収録されたリプレイ。
ナイトウィザード初の高レベルリプレイ(スタート時のPCのレベルは10)。
赤羽くれはマユリ=ヴァンスタインという重要PCが『2nd』仕様になって再登場(ともにPC出演した2番目のリプレイとなる)。
他にも様々な要素が盛り込まれ、その後の『2nd』公式リプレイのストーリーの方向性を示した。
ゲームマスターは伊藤和幸。ロンギヌス・コイズミ役の声優小泉豊と菊池たけしがプレイヤーとして参加している。

グリムゲルデの仮面

ファンブック『ブルーム・メイデン』に収録されたリプレイ。
蒼穹のエンゲージ」に登場したサクラ=ヴァンシュタインがウィザードに覚醒するきっかけとなった事件を描く。
ゲームマスターは伊藤和幸。リプレイには菊池たけしがプレイヤーとして参加している。なお、恒例となっていたTRPG業界外のゲストを招いていない初のファンブックリプレイでもある。

ふたつの終わり、ひとつの始まり

ファンブック『エンド・オブ・エタニティ』に収録されたリプレイ。
世界の命運を左右するとされる少年を巡って争うローマ聖王庁と絶滅社。その中で引き裂かれようとする姉妹の絆。
だが、赤羽くれはが送った偉大なる魔術師の裔は、複雑に見える事件の謎を解き明かしていく。
ゲームマスターは齋藤幸一。小暮英麻が(「ベル・ゲーム」を別として)「合わせ鏡の神子」以来5年ぶりにナイトウィザードリプレイに復活。菊池たけしもプレイヤーとして参加している。

Price & Wish - サイゴ ノ ネガイ -


ファンブック『ファイナルカウントダウン』に収録されたリプレイ。
抜き打ち進級テストを前に途方に暮れる劣等生・天乃杏。
テスト当日、まどろみの中で杏が見たTVニュースは、ある人物の死を告げていた。世界の命運にかかわる人物の死を。
菊池たけしが(「ベル・ゲーム」を別として)「合わせ鏡の神子」以来6年ぶりにナイトウィザードリプレイのゲームマスターを務め、赤羽くれは役の声優佐藤利奈がプレイヤーとして参加。くれはのプレイヤー・みかきみかことの「Wはわわ」が実現した。
サプリメント『ロンギヌス』『ソウルアーツ』」に収録された「萌えヒロイン作成チャート」が用いられた初の公式リプレイでもあり、その結果チャート導入を決めたきくたけは自爆寸前にまで追い込まれたが…(以下作品解説/その他の「ボイスドラマ/それは少し前にあった未来」の項に続く)。

ベル・ゲーム ~虚像のエコー~


アニメDVDの特典ブックレット「月刊ナイトウィザード」に連載され、のちサプリメント『ネヴァーサレンダー』に収録されたリプレイ。
アニメ第4話のプロローグと同時期に起こったサイドストーリーとされている。
ゲームマスター(GM)は原作者・菊池たけし。プレイヤーとして柊蓮司役の矢薙直樹、緋室灯&アンゼロット役の小暮英麻、マユリ=ヴァンスタインの生みの親である田中信二、そしてシリーズ構成&脚本の藤咲あゆなが参加している。

Ultimate Enemy


ファンブック『アルティメットエネミー』に収録されたリプレイ。
南の島・岩垣島に「天使の夢」の出店を出すことになった流鏑馬勇士郎と鹿島はるみ。だがその平和で活況の日常は、店員として紛れ込んでいた魔王イコ=スーの予言で破られる。
直後に店に飛び込んできたのは旧知の引退したウィザード藤乃=赤羽=ヴァンスタイン。娘のサクラが突然昏倒したというのだ…。
F.E.A.R.社長にしてナイトメアのプレイヤー・鈴吹太郎による初リプレイ、菊池たけしが全く関わらない3度目のリプレイ、そして「グリムゲルデの仮面」以来となるTRPG業界外のゲストを招かないファンブックリプレイでもある。

小説(ライトノベル)

蒼き門の継承者

キャラクター・ストーリー共に小説版オリジナル。
ウィザードとして覚醒しつつある少年と、それを見守る者たちをめぐる物語。
ナイトウィザード初の小説版という事で、世界観についての描写も豊富である。
ただ、作品自体の評価は…次の小説が出るまで2年かかったという事実からお察し願いたい。
緋室灯、ナイトメアがゲスト出演している。

星を継ぐ者

リプレイ「星を継ぐ者」のノベライズ。
文庫ということもあり、リプレイ版よりは値段・入手難易度共にお手軽。ナイトウィザード入門者にオススメ。
最初期の作品だったリプレイ版に対し、その後増えた設定とすり合せるような記述がある。

柊蓮司と宝玉の少女

アニメ版と同じく、マジカル・ウォーフェアを描いた小説。
アニメのノベライズということで、主要登場人物はアニメ版とほぼ共通。また敵味方共に、TRPGからのキャラクターが多数出演している。

ただし、宝玉の在り処や志宝エリスの設定、黒幕の設定など、アニメ版とは設定が異なるパラレルストーリーとなっている。
原作を知らない視聴者を意識したアニメ版と違い、原作の設定などが多く登場する。
また、公式設定としてはこちらが今後の The 2nd Edition の展開で採用されているとの事。

鏡の迷宮のグランギニョル

キャラクター・ストーリー共に小説版オリジナル。
輝明学園秋葉原校に通う「忍者」の少年を主人公とする物語。
「忍者」は、ナイトウィザードの過去作品でほとんど注目されていないクラスだったため、これを主人公とした点が注目された。
緋室灯、ナイトメアがゲスト出演している。

魔法使いと、休日の過ごし方

ナイトウィザード The Animation の設定に基づいた、短編ノベルアンソロジー。
収録されているエピソードは以下の通り。

  • 孤島前夜 ~マユリの宝玉大作戦~:設楽英一
  • マドレーヌ ~どんぺりの苦悩~:吉村清子
  • ベール=ゼファーの憂鬱:菊池たけし
  • コイズミの恋:藤咲あゆな

大魔王は、世界滅亡の夢を見るか?

ナイトウィザード The 2nd Edition に準拠した、短編ノベルアンソロジー。
ファンブック「オペレーション・ケイオス」の後の時期にあたり、ベール=ゼファーに焦点が当てられている。
収録されているエピソードは以下の通り。

  • 赤羽くれはの事件簿:藤原健市
  • 世界の危機の中心で愛を食べる:佐藤了
  • 八番目の不思議:はせがわみやび
  • 大魔王は、世界滅亡の夢を見ちゃった:菊池たけし

「赤羽くれはの事件簿」は「冥き迷宮のバーレスク」、「世界の危機の中心で愛を食べる」は「聖なる夜に小さな願いを」、「八番目の不思議」は「ヴァリアブルウィッチ」のそれぞれ後日談的エピソード。
そして「大魔王は、世界滅亡の夢を見ちゃった」は「蒼穹のエンゲージ」「グリムゲルデの仮面」のプロローグの意味合いも持つ。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|