マーメイドスキンブーツ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マーメイドスキンブーツ

マーメイドスキンブーツ桜井亜美の小説。
2005年11月に幻冬 舎から発売された。価格は定価1300円+税。

目次
1.あらすじ
2.登場人物
3.本のカバー
4.解説

あらすじ

彫刻を学ぶ美大生のナジュは、ダーツでその夜を共にする相手を決める、刹那的な恋を繰り返していた 。おしゃれやメイクで寂しさをまぎらわす日々の中、彼女は飛行機で偶然隣り合った男・霧帆に恋をする。
「今度こそ、一人の本命と幸せな恋ができるかもしれない」
しかし霧帆は、彼女の大切な人の恋人だったとわかり・・・。

登場人物

  • アヤセナジュ
    主人公。美大生で、「D-20」の呪いを半分はありえないと思いつつも、不安に感じている。
  • 海道霧帆
    ビデオ製作会社に勤めている青年。飛行機の中で主人公と偶然に出会い、帰国後も交流を持つ。
  • ハルサカミライ
    ナジュのバイト先で働く大学生。演劇の勉強をしている。
  • カレン
    ナジュの姉。20歳の時に交通事故に合いこの世を去っている。
  • サヤ
    ナジュの大学の同級生。担当教官であるハギワラのモデル兼愛人で、クールな美人。

本のカバー

映画監督しても知られる蜷川実花が担当している。
鮮やかな明るい紫~ピンクの色彩に、フリルの赤い ドレスを着たモデルがたたずむ表紙に目を奪われる。

解説

刹那の恋、割り切った関係。そこから見つけ出した本当の自分。話の流れとして、桜井亜美らしい作品だと 思う。
やり切れない思いを抱えて生きる女性が、運命を変えようと前を向いていく様子が描かれている。
オビに使われた「二番目(キープ)の彼女を卒業した日、素顔の自分を好きになった。」という文章が印象的。




By:A

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|