FirstLove


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

First Love

First Love桜井亜美の小説。
2006年2月に幻冬舎から発売された。価格は定価495円+税。

目次
1.あらすじ
2.登場人物
3.共感覚者について
4.解説

あらすじ

自分の感情を理解できない代わりに、それを美しいメロディーとして表現する才能を持った共感覚者・紅林璃星(くればやし りせ)。精神科医の桜澤朋巳と出会い、感情を取り戻す手術を決意した璃星は、その音楽の才能と引き換えに、人を愛することを知る。だが、許された時間は僅か5ヶ月間だけだった・・・。

登場人物

  • 紅林璃星
    主人公。共感覚者で、幼い頃から無邪気にはしゃいだりすることが無く、同級生に「エイリアン」と呼ばれている。
  • 紅林弘毅・ユカリ
    璃星の育ての親。不妊治療の末子供が授からなかったため、助産所の前に捨てられていた璃星を引き取った。
  • 桜澤朋巳
    璃星が送られた少年院で働く精神科医。共感覚者の研究チームに携わってきた専門家。
  • 朱野柚美
    桜澤朋巳の恋人で、少年院で音楽療法を受け持つ女性。桜澤との関係をはっきりさせたいと思っている。

共感覚者について

シネスシージアとも言う。
10万人に1人の確立で存在すると言われ、神経回路が錯綜していて、刺激への反応が異なる感覚へ繋がれてしまう人々のこと。
例えば、目で見たものが音に感じられたり、味覚が色になって感じられたりする。

解説

共感覚者の少女が本気の恋をする。言葉にすれば甘く切ない話のようだが、それ以上に壮絶な文章で綴られた小説だ。
強く激しい感情というものを知ってしまった彼女の心を読んでいくうちに、どんどん苦しいものが溢れる感覚を覚えた。
そのためか、ラストまで読んでも、彼女が本当は報われたのかどうか解らなかった。



ページ作者:A

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|