メニュー

天へ(TOPページ)
初めて来た方へ
\当wikiについて
石碑
\テンプレ
真理の間
\作品紹介
繋がる
\リレー小説
共有
\世界観共有企画
禁書
\TRPG
闘争
\競作
融合
\合作企画
時空を超えて
\クロスオーバー
書庫
\資料室

更新履歴

取得中です。

ここを編集
『リッゾエーテルガラクタ級』
物に魂を宿した不定形の小さいリッゾエーテル。基本的には人畜無害
つぶらな眼がパチクリしていてかわいい
ビームは出せないがときたま眼が光る
「ギェー」

『リッゾエーテルヒトガタ級』
体高135~250センチ
最も数が多いリッゾエーテル。基は死体。魂求めさまよう
大抵は頭部開口して低威力のビームを照射する
次元天微速再生はするがとるに足らない
極稀に想皇力を持ったものがいる
「ピギョェアッッ」「ギョェェインッ」

『リッゾエーテルホース級』
体高200~500センチ
基は馬や熊等の大型動物の死骸。時にはヒトガタ級が3~5体連結したもの
基本的に敏捷である
触手を持ったモノや、身体の至る所からビームソードが出るモノもいる
案外脆い
「ヒギェェゥイン」

『リッゾエーテルフィッシュ級』
大きさは10メートル程度が殆ど
基は主にミサイルや人工衛星
力尽きるまで高速で飛び回り、処構わず腹部からビームを照射するので困りもの
「ゴギャァァァァ」

『リッゾエーテルメテオ級』
別名サークル級
岩や小さい隕石が基。滑らかな球体で直径15~20メートル前後
ヒトガタ級に次いで数が多い。やはりビームを照射する。次元天再生するので硬い
大抵は想皇力を持っているのでコレがコアとなり様々なカタチを形作る
宇宙育ちの為に弱点は酸素、しかし目的の為に地球や火星に降下して健気に魂を収集する
「グェェッギァァァアッー」

『リッゾエーテルメテオラ級』
光沢のある立方体。別名サイコロ級、スクエア級とも呼ばれる
大きさはメテオ級の倍ほどあり、巨大
メテオ級の上位種で数は少なめ
次元天高速再生し、想皇光壁も持っているため非常に硬い
攻撃力も高く、角から追尾式ビームを照射する。高い想皇力も持っており、収集した魂を基にパワーアップしたりもする
宇宙育ちのリッゾエーテルの中では一番酸素に適応性がある
「ピィィゥイイアギャァァァアッー」

『リッゾエーテルメテオラード級』
メテオラ級の更に上位種だが数が非常に少なく、10体に満たない
とてつもなくデカい長方形の板のような形。縦およそ4キロメートル、横およそ2キロメートル、厚さおよそ1キロメートル
別名モノリス級、グラスファイバー級、ステルス級と呼ばれる
基本的に透明で見えにくい
次元天超速再生、多段階想皇光壁を持ち、中央部から幅およそ1キロメートルの極太ビームを放つ
酸素攻撃にも耐性があるが、プラネイト級の近衛なので滅多に動かない
「ギュギュギュオオオオオオッッッ」

『リッゾエーテルプラネイト級』
素晴らしく球体
月の三分の一の大きさを誇るリッゾエーテル。まさに【惑星級】で現在確認されているリッゾエーテルの中でも最大・最強・最硬
眼を全天に展開して超極太ビームを放つ
底なしの想皇力、次元天瞬速再生、次元想皇光壁を持っている。が、酸素攻撃は唯一通用した
天統月歌ロード・トゥルー・ピース・ゲイザーの冒頭におけるデウス・エクス・マキナ
弱点である酸素を打ち込まれて以来、眠っている。しかしメテオ級、メテオラ級等のリッゾエーテルから集めた魂を貰い、日々大きくなる
眠っている間に酸素についての適応耐性の情報も組み込まれていると思われる
目覚めの時が世界の終焉に直結するだろう
「オォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォー」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|