作品解説 > ナイトウィザード以外の作品


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページでは、主に原作者・菊池たけしが何らかの形で関わった別作品について記述する。

セブン=フォートレス(S=F)

セブン=フォートレス(Seven=Fortress)は、原作者・菊池たけしによる異世界ファンタジーRPG。
ナイトウィザードの姉妹作品。というかナイトウィザードがセブン=フォートレスの妹分。

舞台となる世界を除けば、ルールや用語、作品の雰囲気はNWと酷似している。
その異なる舞台についても、セブン=フォートレスの舞台「ラース=フェリア」とナイトウィザードの舞台であるファー・ジ・アースは同じ宇宙に存在する並行世界「 主八界 」という設定。

通称「砦シリーズ」と呼ばれるリプレイが存在し、1991年から不定期に発表されている。

フレイスの炎砦

2002年に発表された「砦」シリーズリプレイ第5弾。ファミ通文庫から単行本化されている。
封印されていた魔王の復活をめぐり、4人の勇者が二つの世界を行き来する。リプレイ星を継ぐ者の後日談としての側面もあるストーリー。
柊蓮司がPC出演した2番目のリプレイ。

ラ・アルメイアの幻砦



2003年に発表された「砦」シリーズリプレイ第6弾。ファミ通文庫から単行本化されている。
過去作品で死んだはずのキャラクターたちが謎の復活をとげ、世界の敵として登場する。菊池たけし作品のクロスオーバーが前面に出ており、柊蓮司、アンゼロットベール=ゼファーといったキャラクターがカメオ出演的に登場している。

シェローティアの空砦



2008年より『ゲーマーズ・フィールド』で連載中の「砦」シリーズリプレイ第7弾にして最終話。ファミ通文庫から順次単行本化されている。
混沌の闇に堕ちたラース=フェリアを救うため、異世界からの来訪者を含めた8人の勇者が真の敵「冥魔」に最後の戦いを挑む。
柊蓮司がPC出演した7番目のリプレイ。緋室灯もカメオ出演している。またナイトウィザードThe 2nd Editionにおいてアンゼロットがファー・ジ・アースにいない理由が第1巻で明らかにされている。

アルシャード(ALS)

アルシャード(ALSHARD)は、F.E.A.R.による異世界ファンタジーRPG、及びそのシリーズ。
ナイトウィザードと直接の関係は無いのだが、菊池たけしがリプレイを執筆したためにある接点が生じた。

スルトの剣


2004年に発表されたリプレイ。ファミ通文庫「オーディンの槍」に収録。
2万年ぶりに封印から蘇る魔王と戦うため「、ミッドガルドのサモナー・キサラが「魔剣の勇者」を召喚しようとしたところ、なぜかファー・ジ・アースから柊蓮司が召喚されてしまう。
柊蓮司がPC出演した4番目のリプレイだが、それぞれの世界観であるアルシャードのユグドラシル宇宙とナイトウィザードの主八界が公式に繋がっているというよりは、単なるファンサービス、パロディの一環だと思われる。

超女王様伝説セント☆プリンセス

超女王様伝説 セント☆プリンセス(SAINT * PRINCESS)は、かつて原作者・菊池たけしによって展開されていた誌上読者参加ゲーム、またはそのシリーズ。
「"第三世界"エル=ネイシア」というファンタジー世界を舞台にしており、これは主八界を構成する世界である。
アンゼロットの項も参照。

エイスエンジェル

エイスエンジェル(8th Angel)は、かつて原作者・菊池たけしによって展開されていた誌上読者参加ゲームのシリーズ、及びそれを元にしたコンピュータゲーム。
「"第五世界"エルフレア」というファンタジー世界を舞台にしており、これも主八界を構成する世界である。
エルフレアの世界設定は黒き星の皇子の謎を解く鍵となっている。

Dear...~この歌をあなたに~

Dear...~この歌をあなたに~(Dear...;The Songs for You)は、かつて原作者・菊池たけしによって展開されていた誌上読者参加ゲーム。
「Angelic Voice」と呼ばれる特殊な歌声を持った少女たちが、アイドル歌手デビューをするまでの過程を描いた、いわゆる「アイドル育成もの」。プレイヤーは彼女らを支えるマネージャーとなり、運・金・コネの三種の神器を駆使して仕事獲得のために奔走する。 *1
のちに、ナイトウィザードと同じ「"第八世界"ファー・ジ・アース」に組み込まれることとなった。 *2 そのため、ナイトウィザード1stのルールブックには、アイドルの1人がちらりと登場している。
また、一度Dearのヒロイン・みなとがデスクトップアクセサリになったことがある。その時のCVは小暮英麻

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|