※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


タメを作る/オーバーラップ(overlap run)


タメを作る とは、一般にボールをキープすることにより、周りの選手が上がる時間を稼ぐことをいいます。

また オーバーラップ とは、ボールの後方から、ボールを持っている選手の背後を通ってその選手を通り越し、前方のスペースへと飛び出す動きのことです。要は前の選手を追い越すことです。動く方向が重なることからこう呼ばれます。ちなみに逆の場合はクロスオーバーです。

左図ですが、まず(1)は前を向いてボールを持つことができました。ドリブルをしながら持ち上がります。たいてい約束事が浸透しているチームの場合、(1)はその間も、後から他の選手が上がって来ることを予想できています。

一方、(2)の選手も、「(1)は自分が上がってくることを期待しているだろう」と分かっており、その期待に応えて上がります。このような信頼関係ができてくると、(1)から(2)へのパスがスムーズにつながるようになります。もちろんそのためには(2)が労を惜しまず、追い越す動きをしなければなりません。

(1)がキープしているのを見て、相手DFもチェックに来ます。うまくやれば2人とも引き付けることができます。そして予想通り視界の中に(2)が上がってきたのを確認した(1)は…

…素早くパス。相手DFも(2)に追いすがりますが、(2)が走り出すのが早かった分だけスピードに乗っているため、(2)は相手DFを振り切ることができるでしょう。

前でキープする選手がいたら即、うしろから追い越すということが習慣化されると、視界に(2)が入ってきた瞬間に(1)はパスを出せるようになります。こうなればますます突破の可能性は高まるでしょう。上手くやればノールックで出すことも可能でしょう。そうすると相手の意表をつくこともできます。

他のパターン


パスをせずに、ドリブルを続けるという選択肢もあるでしょう。相手DFが(2)が上がってきているのに気付き、(2)をマークしに行く場合もあるからです。

いま(1)が前でキープしているのを見た(2)は、縦に追い越す動きをしましたが、相手DFもその意図に気付き、(2)をマークしに来ました。

それでもパスを出すという選択も無いわけではありませんが、そのままドリブルするとか後ろから上がってきた(3)に出すという選択もあります。
(2)、(3)の2人がほとんど同時に上がってきた場合は片方にパスを出すと見せかけて振り返ってもう一方に出すというのも良くある形です。