Soviets Chapter 1: Leningrad 〜レニングラード〜

Premier Cherdenko recruits the new Commander and assigns him to defend Leningrad against the invading Empire of the Rising Sun.
チェルデンコ書記長は新司令官を任命し、"日出づる帝国"からの侵略を阻止するためレニングラードに派遣する。


SUBTITLE:SFS01_01=*[9.9:1.6]Ah, Commander!
[チェルデンコ書記長] 司令官!

SUBTITLE:SFS01_02=*[12.1:4.3]As you can see, our situation is shockingly grim.
[チェルデンコ書記長] 知っての通り、我々の置かれている状況はひどく厳しい。

SUBTITLE:SFS01_03=*[17.1:4.9]All our divisions are concentrated in Europe, pushing the Allies west.
[チェルデンコ書記長] 我々の全師団をヨーロッパに集中し、連合軍を西へ追いやっているところだ。

SUBTITLE:SFS01_04=*[23:5]This "Empire" knows very well that we're vulnerable right now.
[チェルデンコ書記長] "帝国"は現在、我々が手薄で攻撃を受けやすいことを良く分かっている。

SUBTITLE:SFS01_05=*[28.3:3]They will be expecting us to fall swiftly.
[チェルデンコ書記長] 奴らは我々を迅速に崩壊できると予測しているだろう。

SUBTITLE:SFS01_06=*[32:6]At this very moment, their invasion force moves relentlessly towards Leningrad.
[チェルデンコ書記長] まさしくこの瞬間、侵略軍はレニングラードに向けて容赦なく移動している。

SUBTITLE:SFS01_07=*[38.6:5.8]I have chosen you to defend the U.S.S.R. in this difficult hour,
[チェルデンコ書記長] 私はこの厳しい局面において、USSRの防衛に君を選んだ。

SUBTITLE:SFS01_08=*[44.4:4.1]because I need a commander who does not believe in defeat!
[チェルデンコ書記長] なぜなら私には敗北を信じない司令官が必要だからだ!

SUBTITLE:SFS01_09=*[49.1:6.4]Someone who will not simply drive our enemies back, but ultimately annihilate them,
SUBTITLE:SFS01_10=*[55.8:1.4]humiliate them,
SUBTITLE:SFS01_11=*[57.2:2.8]and show them no mercy!
[チェルデンコ書記長] 我々の敵を撃退し、全滅させ、屈辱を与え、奴らに一切の慈悲を見せるな!

SUBTITLE:SFS01_12=*[65:4.9]General Krukov! Would you like to meet our new commander?
[チェルデンコ書記長] クルコフ将軍!我らの新司令官にお会いになりますか?

SUBTITLE:SFS01_13=*[70.2:1.1]New commander?
[クルコフ将軍] 新司令官だと?

SUBTITLE:SFS01_14=*[71.3:4.5]Yes! We're sending him to protect Leningrad.
[チェルデンコ書記長] ええ!我々は彼をレニングラード防衛に派遣します。

SUBTITLE:SFS01_15=*[75.8:3.4]Even though I told you it was foolhardy to try and defend that city?
[クルコフ将軍] 私はその都市を守ることはバカげた試みだと言ったはずだが?

SUBTITLE:SFS01_16=*[80.1:5.4]If Leningrad falls, the Soviet people will begin to lose hope.
[チェルデンコ書記長] もしレニングラードが崩壊したら、ソビエト国民が希望を失うきっかけになりかねません。

SUBTITLE:SFS01_17=*[85.9:3]Yes, well, I wish him luck then!
[クルコフ将軍] まあ、そうだな。彼の幸運を願っているよ、そこでだ!

SUBTITLE:SFS01_18=*[89.3:4.3]The Empire's technology is highly-advanced and he will likely be vastly out-numbered.
[クルコフ将軍] 帝国の技術力は高度に進歩しており、数でも圧倒的に優っている。

SUBTITLE:SFS01_19=*[93.7:4.8]But of course, it is an honor to sacrifice one's life for the motherland, is it not?
[クルコフ将軍] しかしもちろん、1人の命が祖国の犠牲となることは名誉である。違うか?

SUBTITLE:SFS01_20=*[98.7:1.3]Indeed.
[チェルデンコ書記長] その通りです。

SUBTITLE:SFS01_21=*[100.5:2.9]Now if you'll excuse me, I have a nation to defend!
[クルコフ将軍] これで失礼するよ、私には守るべき国家があるからな!

SUBTITLE:SFS01_22=*[104.7:6.4]Comrade Dasha will be your information officer and will coordinate all our communication.
[チェルデンコ書記長] 同志ダーシャが君の情報士官となり我々のコミュニケーションを調整する。

SUBTITLE:SFS01_23=*[111.3:5.8]Thank you, your excellency. Commander, the armies of the Empire are closing in as we speak.
[ダーシャ] ありがとうございます閣下。司令官、私たちが話している間にも帝国陸軍が近づいています。

SUBTITLE:SFS01_24=*[118.6:1.5]Make haste, commander.
[チェルデンコ書記長] 急ぐんだ、司令官。

SUBTITLE:SFS01_25=*[121.3:2.8]Time is of the essence!
[チェルデンコ書記長] 時間は貴重だぞ!